お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

気になる! 20代女子の年収の真実……250万円未満が●%!?

ファナティック

他人の年収って気になるけど、なかなか面と向かって「ねえ、いくら?」などとは聞けませんよね。お金のことは聞かないのが、大人としてのマナーですが、それでもやっぱり気になるもの……そこで今回は20代の働く女性たちにその年収をこっそり教えてもらいました。

Q.あなたの年収(手取り)を教えてください。

100万円未満 0.0%
100万円以上~150万円未満 6.0%
150万円以上~200万円未満 8.5%
200万円以上~250万円未満 35.0%
250万円以上~300万円未満 14.5%
300万円以上~350万円未満 19.7%
350万円以上~400万円未満 6.0%
400万円以上~450万円未満 6.0%
450万円以上~500万円未満 0.9%
500万円以上 3.4%

20代の女性の約3人に1人が年収200万円以上から250万円未満だそうです。さて、金額は分かりましたが、この金額、果たして彼女たちは満足しているのでしょうか? 同じ女性たちに次はこんな質問をしてみました。

Q.今の給料は仕事内容に見合っていると思いますか?

「見合っている、適正だと思う」……53.3%
「仕事内容に比べて給料が高いと思う」……8.2%
「仕事内容に比べて給料が安いと思う」……38.5%

半分以上の女性が「適正」と答えていますね。ではその理由を見てみましょう。

「見合っている、適正だと思う」

・「160万円。仕事が非常に楽なので」(28歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

・「230万円。忙しくないし、緩い職場なので妥当」(28歳/情報・IT/営業職)

・「240万円。比較しても似たような感じだから」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「250万円。定時上がりだから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

金額にバラつきはありますが、仕事内容に不満が無ければ、「適正」と感じるようですね。サービス残業が横行している中、定時上がりはうれしいものです。

「仕事内容に比べて給料が安いと思う」

・「340万円。勤続年数に比べ、毎年の昇給率が低すぎるから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「270万円。いまはまだ仕事量が少ないけれど、増えるにつれてあがるということもないらしい。ひどい」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「200万円。泊まり勤務もあるのに低いと思う」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

・「230万円。精神的な苦痛を味わっているため」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

そこそこの金額をもらっていても、やはり作業量が多かったり、精神的に負担が大きいと「安すぎる!」と不満に感じる人が。

「仕事内容に比べて給料が高いと思う」

・「266万円。定時に帰れるし、ひまなときは日中ずっとネットを見たりできる日もあるから。事務職にしては給料もいいと思う」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「240万円。できる仕事が少ないので」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「250万円。周囲の友人と比べるとそう思う」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

「適正」を通り越し「こんなに高くていいの?」と贅沢な疑問を持っている人も多くはないですがいるようです。「うらやましい……」と感じる人、さぞやたくさんいることでしょう……。

まとめ

20代女性の年収事情、いかがでしたか? 同じ金額でも、仕事量、精神的負担によって、感じ方は人それぞれのようです。今の職場に不満を抱いている人、妥当な金額で、気持ち良く働ける会社を見つけられると良いですね……。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答数122件(22歳~29歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE