お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

オトコから見て「面倒くさそう」なのはどんなオンナ? 「長文メールが何度もくる」「ほとんどの女は面倒」

森川ほしの/OFFICE-SANGA

ひとりのオンナとして、やはり気になってしまうのが「男性ウケ」。嫌われるよりは、好かれたいですよね。しかし、女性の考える「男性受け」と実際は、微妙に食い違うこともしばしば……。ひとつ間違えると、「面倒くさそう」と思われてしまうこともあるようです。そこで今回は、男性から見てどんな女性が「面倒くさそう」なのか? 本音を探ってみました。

こんな言動には要注意!

・「言いわけが多い」(33歳/情報・IT/技術職)
・「『ああ言えば、こう言う』という風に、とにかく文句が多い。つき合うと大変だろうなぁと思いました」(32歳/学校・教育関連/専門職)

言いわけや文句が口癖のようになってしまうと、男性から敬遠される可能性大。恋愛対象としては、見てもらえなくなるかもしれませんね。

長文・頻繁メールは勘弁して……

・「メールの送信が多い……返信が面倒だから」(31歳/商社・卸/事務系専門職)
・「長文メールが何度もくる」(38歳/人材派遣・人材紹介/技術職)
・「仕事中にメールが来る。返信が面倒」(31歳/商社・卸/営業職)

メールが多い、または長いことで「面倒」だと感じる男性は多い様子。LINEも注意したほうがよさそうです。

泣く女は面倒?

・「すぐに泣く」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

感情がたかぶると涙が出てしまう。そんな女性も多いと思いますが、できればそこはグッとこらえて!

少しは人の話を聞け!

・「ものすごくおしゃべりな女性。話し終わるタイミングがわからない」(31歳/運輸・倉庫/技術職)
・「電話をなかなか切ってくれない」(38歳/通信/技術職)
・「次から次へと自分の話ばかりをする女性。全然人の話を聞かない」(23歳/機械・精密機器/営業職)

気になる男性と話をするときは、自分の話をできるだけ控えたほうがいいのかも? 聞き役に回るのも、モテテクのひとつと言えそうです。

暗い……

・「いつも悩んでいる」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「ネガティブ」(29歳/その他/技術職)
・「ひたすら不幸自慢ばかりする子」(29歳/医療・福祉/専門職)

悩みごとのひとつや二つ、誰だって抱えているはずです。ただ、それを表に出すか、出さないか。そこにちがいがあるのでしょうね。

プライベートを職場に持ち込む女

・「プライベートの出来事が、仕事に影響する」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

これはオンナとしてというよりも、ひとりの社会人として気をつけるべきこと。プライベートで何があったとしても、仕事は仕事。切り離さなくてはなりません。

想像力の欠如?

・「仕事が遅くて23時帰宅とかになったときに、『今から電話できる?』とか言う女。風呂入ってごはん食べて……という、こっちの生活をまるで考慮していない」(36歳/機械・精密機器/営業職)
・「こちらの都合を聞かない」(37歳/建設・土木/事務系専門職)

遅い時間でも「少しでいいから、声を聞きたい」という気持ちになることはありますよね。ただ、それを面倒だと感じる男性もいるようです。少し想像力を働かせて、カレの気持ちを察してあげることもときには必要。

だから何なの?

・「理想が高くて、ずっと『出会いがない』と言っている」(29歳/食品・飲料/営業職)
・「彼氏と別れたときに、いつも相談してくる」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

もしかすると、遠まわしなアプローチでは……という気もしますが、それはそれで「面倒」でしょうか?

そもそも……

・「ほとんどの女は面倒」(33歳/情報・IT/技術職)
・「女そのものが面倒くさそうとしか思っていない」(27歳/通信/技術職)

中には、こんな身もフタもないことを言う男性も……。世の中には男と女しかいないわけですから、少し面倒なのは我慢してもらうしかありません。

女性にとっては何気ない言動でも、男性にとっては「面倒くさい!」と思えることがあるようです。男性たちの意見を読んで、反論したくなった女性も多いことでしょう。でも、「面倒くさそうな女」と思われたくなければ、男心を理解しておいたほうがいいかもしれませんね。

(森川ほしの/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数101件(22~39歳の社会人男性)

※画像は本文と関係ありません

森川ほしの/OFFICE-SANGA

大学で美学を学び、「美とは何ぞや」生涯この問いと向き合っていくことを決意。言葉、人、恋愛、社会など、さまざまものの中にある「美」を求め、フリーライターの道へ。マイナビウーマンで恋愛、マナー、話し方などに関するコラムを担当。

この著者の記事一覧 

SHARE