お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

祖父母や親戚からは「貰わなかった」が第一位 披露宴のご祝儀以外で贈る結婚祝いの相場って?

誰にいくらくらいのものをもらった? 結婚祝い相場ランキング

ギフト総合研究所が、過去3年以内に結婚祝いをもらったことがある全国の男女400名に「披露宴でのご祝儀以外の結婚祝いについて」アンケート調査を行った。

【「この人セコい…」って思われる!- 知っておきたい出産祝いの相場とは】

披露宴で贈るご祝儀の相場は、一般的に親族を除いては30,000円。新郎新婦と特に親しい場合や新郎新婦の目上にあたる場合は50,000円、親族は50,000円~100,000円が相場だと言われている。では、披露宴をしない新郎新婦や披露宴に列席できない場合などに贈る結婚祝いの相場はどうなのか。実際に結婚祝いをもらった人々をリサーチした。

「誰にいくらくらいのものをもらったか」では、祖父母の場合34.1%で「もらわなかった」が第1位。披露宴でのご祝儀のみをお祝いとするケースが多くなっているようだ。続いて2位は「100,000円以上」、3位は「100,000円くらい」。結婚式に列席しない場合に高額のお祝いを贈っているのが分かった。

友人や知人、上司や目上の方の場合、両者とも10,000円くらいを贈る人が多い結果に。多くても30,000円までにとどまった。また約1/4が「上司や目上の方には、もらわなかった」と回答。披露宴がない場合や列席しない場合、結婚祝いを贈らない人も多いようだ。

近しい親せき、あまり付き合いのない親せきでは、それぞれ「もらわなかった」が1位。近しい親せきの場合は、披露宴に列席し、その際のご祝儀をお祝いとしている模様。あまり付き合いのない親せきの場合は、お祝い自体を贈っていないのが実情のようだ。

「ご祝儀以外にもらってれしかった!結婚祝いプレゼントランキング」では1位現金(39.3%)、2位 カタログギフト(26.3%)、3位 商品券・ギフトカード (12.3%)、4位 家電 (4%)、5位 キッチン用品 (3.5%)となった。1位~3位には、自分たちの好きなように使える、好きなものが選べるプレゼントがランクイン。家電やキッチン用品など品物でもらう際には、新しい暮らしの中で役立つ、実用品が喜ばれている。

結婚祝い、事前に何がほしいか相談してほしい?

「結婚祝い、事前に何がほしいか相談してほしいかどうか」については、約50%が「どちらでもよい」と答え、「相談してほしい派」は約35%、「相談してほしくない派」は約15%という結果になった。

ちなみに「結婚祝いがっかりランキング」では、1位が趣味に合わないもの(29.3%)、2位が実用的でないもの(22.3%)、3位が安っぽいもの(14.3%)、4位がありきたりなもの(13.1%)、5位がすでに持っているもの(11.2%)となった。

お役立ち情報[PR]