お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【衝撃!】男性が思う「生理的に無理」な女性の特徴「部屋が汚い」「笑顔がない女の子」

森川ほしの/OFFICE-SANGA

男性が思う「生理的に無理」な女性の特徴

絶対に恋愛対象にはならない。そんな女性の特徴として「生理的に受けつけない」を挙げる男性は多いですよね。ただ、そう言われても、どんな女性のことなのか具体的にはわかりません。そこで、「生理的に無理」な女性の特徴について、男性たちの本音を聞いてみました。

男性が見ているのは、女性の肌!

・「肌がボロボロ」(27歳/金融・証券/営業職)
・「ニキビが多い」(32歳/医療・福祉/専門職)

日々スキンケアをがんばっている女性は多いことでしょう。男性陣もやはり、女性の肌は気になる様子。ただ、体調の変化による肌荒れは多少仕方のない面もあるので……。少し大目に見てもらえると助かります。

好みの問題

・「体格が好みじゃない女性」(31歳/商社・卸/営業職)

女性は「とにかく痩せたい」と考える傾向がありますが、痩せすぎは男性に不評だと聞きます。ダイエットは、意中の男性の好みをリサーチしてから?

よく言えばおおらか、悪く言えばがさつ?

・「がさつ」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「地面に平気でカバンを置いて、それを部屋に持って入っても床に平然と置く女」(36歳/機械・精密機器/営業職)

カバンの底面は汚れやすいので、テーブルの上などに置くのはマナー違反。そうすると、場合によっては地面に置くしかないことも。こんなときは、彼の家に入るときにカバンの底を拭くべきでしょうか?

お部屋の掃除を忘れずに

・「部屋が、踏み場がないほど散らかっている」(26歳/農林・水産/技術職)
・「部屋が汚い」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

自宅に招くということは、すでにそれなりの間柄。この時点で「生理的に無理!」と思われてはかないませんので、お部屋はきちんと片づけておきましょう。

かわいい女がダメ?

・「ぶりっ子」(37歳/建設・土木/事務系専門職)
・「『かわいい』にこだわっている」(27歳/情報・IT/営業職)

ぶりっ子女子が同性から嫌われているという話はよく聞きますが、男性の中にも苦手な人がいるようですね。あまり男性ウケを狙いすぎると、かえって引かれてしまう可能性がありそう。

ニオイが無理!

・「ニオイが嫌な人」(31歳/食品・飲料/技術職)
・「体臭がキツイ」(22歳/情報・IT/技術職)

ニオイは恋愛感情と深く関係しているといわれています。不快なニオイを放つ女性は、男性から敬遠されてしまいがち。体臭だけでなく香水のつけすぎもアウトになるので、入念にチェックしておくべし!

キャーキャー騒ぐな!

・「やたらとうるさい」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「落ち着きがなく、キャピキャピしている」(32歳/学校・教育関連/専門職)
・「頭が悪そうなしゃべり方をする」(32歳/機械・精密機器/技術職)

女性の高い声は、時に男性をイラつかせてしまうようです。はしゃいでいいときと、落ち着いた態度が求められているときを、しっかり見極めましょう。

ナニサマデスカ?

・「しゃべり方が偉そう」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「何ごとも上から目線」(37歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)
・「勘違い女。やけに人を中傷したりする」(28歳/情報・IT/技術職)

特に年下男性が相手だと、つい上から目線でものを言ってしまいがち。「生理的に無理」と敬遠されたくないなら、意識しておいた方がいいかもしれませんね。

これがない女性は無理!

・「笑顔がない女の子」(33歳/学校・教育関連/専門職)
・「清潔感がない」(38歳/人材派遣・人材紹介/技術職)
・「イケメンにしか興味を持たないミーハー」(25歳/電機/技術職)

笑顔、清潔感、そしてイケメン以外の男性への興味。ひとつでも「私、ないかも!」という女性は要注意です。

まとめ

女性としてはいろいろと反論したい部分もあったと思います。ただ、これが男性の胸の内。男性と仲良くしたい、恋仲になりたいと思うなら、「生理的に無理!」と思わせるわけにはいきません。該当する特徴があった女性は、明日から改善のための努力をはじめてみてはいかがでしょうか?

(森川ほしの/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数101件(22~39歳の社会人男性)

※画像は本文と関係ありません

森川ほしの/OFFICE-SANGA

大学で美学を学び、「美とは何ぞや」生涯この問いと向き合っていくことを決意。言葉、人、恋愛、社会など、さまざまものの中にある「美」を求め、フリーライターの道へ。マイナビウーマンで恋愛、マナー、話し方などに関するコラムを担当。

この著者の記事一覧 

SHARE