お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 愛されフェイス

もはや詐欺! 男性たちが「女性の『自撮り写真』にダマされた経験」3つ

ファナティック

自分の写真をSNSなどのプロフィール写真にしたり、タイムラインに投稿したりする女性って多いですが、その写真と実際に会ったときのギャップが大きいこともありますよね。そこで今回は、男性のみなさんに「自撮り写真にダマされた経験」について聞いてみました。

Q.あなたは、女性の「自撮り写真」を見て「だまされた~!」と思った経験はありますか?
ある……41.6%
ない……58.4%

「ある」と回答した人は約4割という結果に。どんなときにそう思ったのか、くわしく教えてもらいました。

■目の大きさが全然ちがった

・「目が大きくてかわいいと思ったけど、加工だった」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「目の大きさ修正やフィルターで、美人だとダマされた」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「友だちに紹介されて『かわいいな』と思って会ってみたら、目が小さい子だった」(31歳/食品・飲料/技術職)

自撮り写真では目がパッチリしていたのに、いざ実際に見るとギャップがあってビックリしてしまった! という男性の声が寄せられました。アプリもどんどん進化していて、かわいく撮れるのはうれしいですが、写真を見た人によっては誤解してしまうことも。

■スリム・小顔だと思っていたけど……

・「やせているように見えたが、実は太っていた」(27歳/情報・IT/技術職)

・「自撮りで体を細く見せる人がいるけど、実際に合うとけっこうなぽっちゃりだった」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「顔の大きさ。小顔かと思って実物を見たら、ホームベースみたいなでかさだった」(36歳/機械・精密機器/営業職)

写真を撮る角度によって、顔の大きさや体型などは変わるみたい。自撮りテクがある女性は自分が一番キレイに見える角度を心がけているようです。

■写真と実際に見たときの印象がちがいすぎ

・「写真とのイメージがちがった」(33歳/情報・IT/技術職)

・「写真ではすごい気さくで話しそうな人だったが、実際は暗いタイプの人で、あまり話さなかった」(32歳/電機/技術職)

写真を見て思い描いていた印象とちがった! という男性も。ギャップが吉と出る場合もありますが、期待が大きすぎると、実際に会ったときにガッカリされてしまう可能性もありそうです。

自撮り写真は、納得がいくまで撮り直した渾身の1枚であることが少なくないもの。そのため、多少なりとも実際に会ったときのイメージがちがうことも。普通に生活していると、常にベストアングルで見てもらえるわけではないので、印象が変わってしまうのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年2月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]