お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

策女策に溺れる! 巧みすぎる作戦によって失敗した恋愛エピソード4選

ファナティック

引き止める女性誰かを好きになると、その人を振り向かせようと、自分をアピールする方法を考えるものです。その作戦が成功し、相手が自分に振り向いたとき、その達成感は大きなものです。結果がいい方向へ向かえばいいものの、時には逆効果になってしまうこともあります。 そんなエピソードを女性に聞いてみました。

積極的な行動が……

「ボディタッチしたら、不審がられた等」(23歳/その他/事務系専門職)

「世話を焼いていないとダメ! っていう感じにしたかったけど、お母さんポジションになってしまった」(27歳/食品・飲料/営業職)

「モテるアピールしたら遊んでると思われた」(25歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

マニュアルにありそうな駆け引きや気を引くための行動を実践してもうまくいくとは限りません。

一人で先走りすぎ

「デートの予定を綿密に計画したのに肝心の彼にその気がなくて実現しなかったこと」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

「エリート男性で気になっている人がいたので、手作りお菓子を渡したらまずかったようで、逃げられた」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

「競馬好きだと言っていたので私もと言ったらがっかりされた」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

こういった行動は、ある程度関係が深まってからでないと難しいのかも。

リサーチ不足の結果

「家事ができることをアピールしようと思ったが、逆にあまりアウトドアじゃないのかと思われて誘われなくなった」(29歳/生保・損保/営業職)

「あんまり詳しくなかったけど、彼が好きなバンドを私も好きと言って話を合わそうと思ったけど、まったくついてけなくて実はさほど興味ないなっていうのがバレてたと思う」(22歳/その他/その他)

「バレンタインにチョコをあげたらチョコ嫌いだと後から知って気まずくなってしまった。当然お返しも無しで……」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

彼が好きなことをリサーチするのはもちろん、話を合わせるなら、徹底的な事前学習が必要ですね。

彼には伝わらない

「ナチュラルメイクをしてやさしい雰囲気をだそうとしたのに、顔色が悪いと心配されたことです」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

「バレンタインデーにカードを入れて『I LOVE YOU』と書いたが気づいてもらえなかった」(31歳/その他/その他)

「旅行のお土産を渡し食事に誘ってもらえると思ったらありがとうで終わった」(28歳/電機/技術職)

女性の必死のアピールも、なかなか伝わらない男性も多いようです。

アピールしなければなにも始まらないのは事実ですが、タイミングや方法を間違ってしまうと早々に相手が退散してしまうということも。あれこれ戦略を立てるよりも自然な接し方が一番なのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月18日~3月4日にWebアンケート。有効回答数243件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年03月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE