お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「私は本命じゃない?」彼氏との将来に対して不安になる瞬間4選

ファナティック

アラサーになると、そろそろ彼氏との将来についても真剣に考えておきたいところです。こっちは真剣にお付き合いをしているつもりでも……彼氏にとってはそうではない場合もアリ!? 「もしかして私、本命彼女じゃないのかも」と、思ってしまった瞬間を、女性読者に教えていただきました。

■情熱が

・「付き合いたてのテンションが落ち着いて冷たくなったように感じたり、会おうとしてくれなくなったときに不安になる」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「自分の誕生日を忘れられたとき」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

彼女と彼氏の気持ちが微妙にすれ違っていたとき、不安を抱いてしまう方が多いようですね。彼氏に悪気はないのでしょうが、マンネリ期の始まりかも?

■将来は……禁句!?

・「まだ結婚するのに若すぎるからと言われたとき」(28歳/電機/技術職)

・「先の話をさける」(33歳/医療・福祉/専門職)

女性としてはそろそろ積極的に話したいところ。しかし明らかに彼が乗り気ではないとしたら……テンションも下がります。「そんなには待っていられない」と、彼氏に明言するのもアリでしょう。

■気になる存在

・「ケンカしたときに、他の女性にアピールされていることをほのめかされたとき」(26歳/情報・IT/技術職)

・「元カノとの話をよくするときや、元カノと別れた後も頻繁に会って遊んでいるのを知ったとき」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「彼氏のメールをみてしまって、『○○ちゃん、大好きだよ~』って送っていた。相手の子からの返事はなかったので、冗談だったのかもしれないが、不安になった」(32歳/電力・ガス・石油/技術職)

他の女性の存在を感じると、疑いたくなるのも無理はありません。その気持ちを、どう彼氏に伝えればいいのかも悩むところですよね。伝え方を間違えると、一気にこじれてしまう可能性も大! ぜひ慎重に彼氏の気持ちを見極めましょう。

■なぜかNG

・「日曜日に会ってくれない。家に呼んでくれないのは不安」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「家に呼んでもらえないし、一緒によるご飯を食べることがめったにないこと」(28歳/食品・飲料/技術職)

謎すぎる彼氏の行動には、何か裏があるのかも!? 理由がわかれば、きっと安心できるはず。思い切って「どうして家に呼んでくれないの?」と聞いてみてはいかがでしょうか。それが将来への一歩につながるのかもしれません。

もしも彼氏が「本命」として考えてくれていないなら、彼女としても考えるべきことがあるはずです。できれば早めに、彼氏の「本気度」を確かめておきたいところですね。勇気を出して、頑張ってくださいね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年2月5日~13日にWebアンケート。有効回答数224件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

※この記事は2015年03月03日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE