お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

バレンタインデートは要注意! 女子が嫌がる、今すぐ家に帰りたい憂鬱デート7つ

女性

彼と一緒にいれば何をしたって、どこに行ったって楽しいはずというのは間ちがい。デートのプランやそのときの彼の言動によっては、「早く帰りたい」と思う憂鬱なデートになってしまうことも。今回は「こんなデートは嫌だ」と感じるデートの内容について聞いてみました。

■行き先が決まらず歩き続ける

・「天気が悪いのに室内とか車ではなく歩き回る」(21歳/その他/その他)

・「優柔不断で食事をする場所がなかなか決まらず、ひたすら歩き続けるデート」(22歳/通信/秘書・アシスタント職)

彼がデートプランをしっかりと決めていなかったりすると食事をする場所を決めるのも一苦労。ひたすら歩き続けるデートっておしゃれをしている女性にとってはかなり迷惑ですよね。

■会話が弾まない

・「お互い、冷め切っているのに、約束したからという理由だけで一緒にいる」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「行く場所ではなく、デート中に会話がないと気まずすぎて憂鬱になると思う」(24歳/その他/その他)

・「予定ツメツメで、会話が盛り上がらない、相手ペースのデート」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

お互いに緊張していて会話が弾まないというなら微笑ましくもありますが、相手のペースで予定をこなしているだけという感じのデートなら会話を楽しむ余裕もなさそうで、かなりつまらないですよね。どうせ行くなら話が盛り上がりそうなところを行き先に選んでくれれば良いのにと思ってしまいそうです。

■興味のない場所に連れて行かれる

・「なぜか彼の実家や彼のゆかりの地に連れていかれる」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「プールや海には行きたくない、泳げないし水着になるのも嫌だしプールはあの塩素の臭いが受け付けないし海は肌寒いし全然楽しくない、普通の人は楽しい場所でも私は大嫌いなので夏だから海だ、プールだと誘わないで欲しい、私は行きたくないんだ!」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「美術館など、自分が興味のない場所に連れて行かれること」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

彼だけが楽しめる趣味の場所がデートの行き先というのもかなり憂鬱。自分も興味が持てるものなら良いですが、どちらかというと一人で盛り上がっている彼を冷めた目で見てしまいそうです。

■まとめ

憂鬱になってしまうデートというのは、彼の自分に対する思いやりが感じられないデートと言えそう。2人で楽しむための時間なのに置いてけぼりにされた気になると「家で寝ていた方がマシ」な気分になってしまうのは当たり前。お互いが楽しめるかどうかを相談しながら、デート先を選びたいものですね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数150件(働く女性)

お役立ち情報[PR]