お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

【子どもとは違う!】値段は? プレゼントもつける? カードは? バレンタインきっかけで大好きな男性と恋人になりたいと思う大人の女性へ

羽林由鶴

ハートとカード2月14日はバレンタインデー。「女性が好きな男性に愛を告白してもいい日」ということで、好きな人がいる女性にとっては意識してしまう大事な日です。今、片思い中の人にとっては、未来を変えるほどの大きな意味合いを持つ特別な日に感じてしまうかもしれません。だからこそ、読んでおいてほしい。片思い中のバレンタイン…大人の女性が大人の男性と大人の恋愛に進むためのバレンタインのお話です。

わたしなんか「不良品」「ワケあり」「売れ残り」……そのイメージは捨てちゃいましょう

■チョコレート

バレンタインといえばチョコレート。お店には普段は見ないようなさまざまな種類のチョコレートが並びます。あまりにいろいろありすぎて、選ぶのも一苦労ですよね。

「どのチョコレートを渡せば本命とわかってもらえるのだろう?」「一番告白が成功する確率が上がるチョコはどれかな?」などと考えても意味がありません。考えてもわからないと、金額を目安に考えがちです。「3000円以上なら本命と思ってもらえるだろう……」なんて。でも男性は女性ほどチョコの値段を知りません。値札でもついていない限り大きいほうが高いように思ってたりもするんですよ。チョコの金額で想いを伝えようとすることはやめて、気軽に受け取ってもらえる小さめで値段もお手頃なものにしましょう。

■プレゼント

「チョコレートだけじゃありきたりかも……」「本命であることをアピールして、愛を勝ち取るためにはプレゼントも一緒に贈ったほうがいいのかも……」と悩む女性は多いんです。もちろんお店ではチョコと一緒に(チョコの代わりに)バレンタインギフトなどという名のもとに綺麗にラッピングされた素敵な商品も並んでいます。でも、成熟した大人の男性と誠実な関係を作るなら、特別なプレゼントなど必要ないんですよ。残念ながらプレゼントでなびいたりするほど単純ではないんです。ということは、成熟した大人の女性ならば、プレゼントで男性の気をひこうとするのはNGです。

■カード

バレンタインだから勇気を出して告白……そのイメージから、カードに思いを込めたメッセージをいれようとしてませんか? どんなカードを選び、どんなメッセージを書こうか…考えれば考えるほどわからなくなりますよね。確かに素敵なカードはあります。高額な手の込んだものもあります。でもカードをつければ、相手の表情を見て言葉で伝える必要がなくなるわけではありませんよ。

チョコを手渡しできるのであれば、カードで思いを伝えようとするのはやめておきましょうね。また関係の薄い片思いの人にカードに「好きです」とか「付き合ってください」と書くことはやめておきましょう。メッセージを書いても返事が来るとは限りません、モヤモヤして悩む材料を作るだけです。相手の表情を見て、自分の表情を見せて、ほんのひとこと言葉をかわす方が、ずっと未来に希望が持てますよ。

■バレンタインのポイントは

今までよりもほんの少しだけお互いに話しやすい人になれば大成功。大人同士だからこそ焦りは逆効果です。男女問わず、心に余裕がある人のほうが魅力的に見えるものです。「恋人になってください」とか「お付き合いしてください」という前に、あなた自身のことを相手に知ってもらうことが必要です。

それは自己紹介の時間をもらうという意味ではなく、自然とかかわりながらあなたという人を理解してもらう時間です。もちろんあなたも彼についてさらに知っていってください。バレンタインは、いきなり恋人になるのではなく、関わりを増やすきっかけというイメージを持つことが、大人同士の恋愛を成功に導くポイントです。

■羽林由鶴からのメッセージ

子どものころのイメージのままバレンタインに取り組むと、なかなかうまく行かないものです。大人の女性と大人の男性が大人の恋愛をはじめるということを理解して、今までとは違うやり方を試してください。気楽に楽しいバレンタインにしましょうね。そのほうがあなたのイキイキとした表情を片思いの人に見せることができますよ。

羽林由鶴

お役立ち情報[PR]