お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

せっかくステキだと思ったのにー! デートしてみたら失敗だった6つのガッカリタイプ

平メイ子/OFFICE-SANGA

職場や合コンですてきだと思ってデートをOKしたものの、普段の姿にがっかりした経験はありませんか? あまりの印象の急降下に、がっかりしてしまいます。そんな「デートしてみたら失敗だった切ない思い出」について、働く女性に聞いてみました。

会社なのにブーツイン! ダメなほうのギャップで女性が引いた今季NG男性ファッション5選

■仕事中とのギャップが……

・「スーツ姿がかっこいいあこがれの先輩と休日にデートしたら私服がダサくて最悪だった」(28歳/金融・証券/営業職)
・「仕事ではハキハキしゃべるのに実は口下手で、質問しても『うん』とか『ううん』とかの返ししかできず、たどたどしすぎて重苦しい空気だった」(28歳/その他)
・「バイト中はいつでも助けてくれる気の利く先輩、一度食事に行ってみると、まったく会話のできない人だった」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「仕事での制服姿がかっこよかったので、スーツ姿もさぞかしいいんだろうと思ったら、よれよれの安物でがっかりした」(32歳/金融・証券/営業職)

仕事中のスーツ姿や制服姿は男性を倍増しにかっこよく見せるのかもしれません。だからこそ、普段着姿にがっかりということは多いようです。

■スポーツしているときはカッコよかったのに

・「フットサルをやっているときはかっこよく見えたけど、その後仕事帰りに会ったら、なんだかがっかりした」(32歳/ホテル・旅行/事務系専門職)
・「学生時代にゲレンデで知り合った社会人、かっこいいと思ったが、初デートがきっちり割り勘で引いてしまった」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

太陽の下で汗が輝く姿もまた、男性を余計にカッコよく見せます。しかしそのスポーツマジックも、街では通用しません。渋谷の駅前で、表参道のカフェで、会った瞬間にがっかり……なんてことも。

■飲み会での印象とちがう!

・「飲み会ではおもしろいがシラフで会うとほとんどしゃべらない人」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「合コンで会った人がカッコ良さそうと思って2人であったけど、話がおもしろくないし頭が悪くてがっかり」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

「楽しそうな人だと思ったのに」「気が利く人だと思ったのに」など、飲み会と普段のギャップがある人もいますよね。こちらもお酒が入っている分、うっかりすてきに見えてしまうという失策も犯してしまいがち。

■支払いでがっかり

・「初めて2人で食事したら、会計で私の方が多く支払った」(23歳/医療・福祉/専門職)
・「話はとってもおもしろいのにいつもワリカン」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

最初のデートでまったく支払うそぶりが見られないと、本命ではないのかも? と心配してしまうことも……。

■性格にがっかり

・「自分の意志をはっきり持っている人だと思ったら、デートコースなどはどこでもいいと人任せだった」(33歳/その他)

しっかりしていると思ったのに……。このタイプは結婚しても煮え切らないタイプかも!?

■微妙にひっかかる

・「親をパパママとよぶ」(33歳/医療・福祉/専門職)

会話の端々に漂う微妙な香り。マザコン、親離れできていない、甘えん坊を疑ってしまう瞬間。あまり深入りせず、様子を見たほうがいいかもしれないですね。

ファーストインプレッションとギャップのある男子たちが続々と登場しました。シンデレラに変身するのは何も女子だけではありません。男子も特定の空間だけは輝くことがあるので、そのあたりをしっかりと見極めましょう!

(平メイ子/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数239件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]