お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

笑えないけど笑っちゃう! 男性が「モテるために」ひそかに努力している4つのこと

男性なにをすれば女子にモテるのか、については、絶対的な正解がないので、男子は常に「モテるための努力」をひそかにしています。今回は何人かの男子に「モテるためにどんな努力をしていますか?」と尋ねてみました。
さっそくご紹介しましょう!

■1:筋トレ

「モテるために筋トレしています。それなりに筋肉があったほうがモテるのではないか、と思うからです」(28歳・会社役員)
こういうのは女子のボディケアの男子バージョンということでしょうか。全身にボディクリームを塗って、彼に抱かれた時に彼が虜になるようなカラダを……。まあ脱いだり抱かれたりするまで、それに気づかれることがないこともある、というリスクを承知のうえでの努力ってことでしょうか?

■2:歯磨き(ブレスケア)

「歯磨きをしたりブレスケアをしたりして、とにかく息に気を遣っています」(25歳・飲食)
マナーとして正しいとも言えますが、あきらかにブレスケアをしており息がミント臭いと言われるリスクを考えると、やりすぎに注意とも言えます。
男子って、自分の「香り」を良くすればモテると思っている、という事例を以下にもう1つご紹介しましょう。

■3:シャンプーの銘柄を必死で選ぶ

「以前、テレビCMで『おかんの香りのするシャンプー』というフレーズがあり、それ以来、ぼくは男専用のシャンプーを必死になって探しています」(25歳・建築)
メンズシャンプーって、わりとバーゲンセールをしていることが少ないですから、男子はデート代を稼いだり、男の香りのする高いシャンプーを買ったりと、なにかと大変なご様子です。

■4:女性のメイクや髪型をよく見て、変化に気づいたら褒める

「どんなにイケてない男でもモテているという事実を知ってから、ぼくはとにかく女子のメイクや髪型の変化を褒めるようにしています。生まれ持った顔や収入によってモテるわけではないというのがぼくの持論です」(27歳・飲食)
仕事で女子スタッフを統括している男性は、この「褒める」というテクニックを熟知していたりしますよね。

いかがでしたか?
モテるための努力については、これまで多くの男女に取材を重ねてきましたが、結局のところ、「モテとはタイミングである」と個人的には感じます。おかんのシャンプーのにおいをプンプンさせながら意中の女性を口説こうと、タバコ臭い口でキスをしようと、モテる時はモテるし、モテない時はさっぱりモテない……。だから男子は混乱して、今日もメンズシャンプーが売れまくっている……と言えば言い過ぎですが、でもまあ混乱のなかで、これといった正解を追求しつつ男子は歳をとっていくのだ、ということです。
女子の皆さんは、男子に「モテ」の正解を教えてあげてるといいかもしれませんね。

(ひとみしょう)

お役立ち情報[PR]