お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

こりゃムリだ! 「彼とは結婚できない!」と思った金銭感覚のちがい4選

長く一緒に暮らしていくためには、現実的にお金の問題は避けて通れません。大好きな彼だったけれど、金銭感覚があまりにもちがいすぎて、これは結婚は無理かも……そう思ったことはありませんか? 女性たちにそんなお金についてのエピソードを教えてもらいました。

■金遣いの荒い人

・「普通のシャツに3万円もするものをポンっと払っている人は自分と価値観がちがうと思った」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「服やアクセサリーに十数万使う彼とは絶対にやっていけないと思った」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「身に着けているものがほぼ全てブランド物」(26歳/情報・IT/技術職)

・「元カレは飲み代に1日に3万円使ったと言っていて、いくら大手で稼いでいてもそれはさすがに使いすぎだろと思った」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

趣味のものや洋服、飲み代にお金をどんどん使ってしまう人にがっかり……という女性たちの声。あまりにも金遣いが荒い人は、先々の生活が不安になってしまいますね。

■ケチすぎる人

・「本を買うのももったいないから借りろと言われたとき」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「どこに行っても何も買わないケチ過ぎる人とは、将来けんかすることが増えそうだと感じる」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「あまりに彼がケチすぎて、なえてしまったことがあります」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「プレゼントなどにも、節約志向」(31歳/学校・教育関連/技術職)

一方、あまりにもケチな男性にがっかりしてしまうケースもあるようです。節約も大事ですが、使うところではちゃんと使える感覚も大事なことかもしれません。

■見栄っぱり

・「誰にでもおごる」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「友だちにめちゃめちゃお金を貸す」(27歳/通信/販売職・サービス系)

・「すぐに見栄をはってお金を使うところ」(26歳/学校・教育関連/技術職)

見栄をはってすぐにお金を使う男性もいるようです。友だちや彼の場合はいいけれど、結婚となるとちょっと考えてしまいますね。

■貯金ができない

・「一緒にお金をためる約束をしたにもかかわらず、飲んでばかりで、いつもお金がなくなる」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「貯金をする習慣が無かった事です。楽観的すぎて、将来が不安になりました」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「貯金ができない、あればあるだけ使ってしまう人やギャンブル依存の人」(28歳/機械・精密機器/技術職)

貯金ができない男性も多い、と最近はよく耳にしますが、将来を考えると少しくらいは貯金の習慣がほしいところ。持っているお金を全て使ってしまっている人には、正直不安を感じてしまいますね。

育った環境によって、お金の使い方は人それぞれですが、あまりにも自分と金銭感覚がちがう人と一緒に暮らしていくのは難しいかもしれません。好きなだけでは結婚できない……現実をしっかり見ている女性の一面がうかがえました。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数179件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]