お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

今年こそ彼氏をGET! 女子が思う、2015年やってみたい婚活スタイルは?

ファナティック

婚活スタイルの定番だった・合コンや街コン。しかし最近はそんな定番スタイルにとらわれない、新しい婚活スタイルを模索している女性も多いとか。そこで働く女性に2015年にやってみたい、新しい婚活スタイルを聞いてみました。

■共通の知人がいる男性・共通項の多い男性を狙う婚活スタイル

・「知り合いにとにかく頼みまくる、恥捨てスタイル」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「同級生婚活。○年限定とかにする」(24歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

全く見知らぬ人とゼロからスタートする婚活は、結婚まで持っていくのが大変。お互いを知るのに時間がかかって、何かと効率が悪いですよね。その点、共通の知人がいる男性・共通項の多い男性を狙えばゴールまでの道のりが近そう? 時間の節約ができそうです。

■習い事やジム通いのついでに婚活する

・「スポーツジムに通い、婚活をする」(28歳/電機/技術職)

・「朝活や英会話などに通って、スキルアップとともに婚活する」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

また共通点の多い男性狙いで行くという意味でも、婚活時間の節約という意味でも効果が見込めそうなのが「習い事やジム通いのついでに婚活」するという方法。この方法なら知らない人とでも自然に会話が弾み、2人の距離が近づくのに時間もかからなさそうです。

■あり得ないから「あり得る」へ変化した、ネット婚

・「ネット婚! 自分では、ありえない……と思っていたのですが、最近よく見聞きするので、試してやってみようかな、と」(32歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「まず前提として、フェイスブックを始める。そしていろいろな人とお近づきになる」(26歳/医療・福祉/その他)

昔はネットで出会って結婚……なんてパターンは「あり得ない!」と思うことも多かったもの。でも今やネット婚は、イマドキの婚活スタイルとして定番になりつつあるようです。また婚活サイトへ登録する以外の、いろんなネット婚スタイルを模索している女性も。

■趣味仲間同士で婚活したい

・「愛犬家婚活。そんなものがあるのかわからないけど」(27歳/ソフトウェア/技術職)

・「ゴルフ合コン。スポーツで爽やかだけど、教えてもらうときにエロスも感じるから」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

年収や経歴はもちろん気になるけれど、一緒にいて「楽しい!」と思えるかどうかも婚活相手の条件としてとても重要。こんな条件の相手を探すのに有効なのが、趣味仲間同士でする婚活。知らない相手でも、最初から意気投合できそうです。

婚活の定番スタイルが徐々に変化しつつある昨今。今までの方法論にとらわれずに、今年はこんな新しい婚活スタイルにもチャレンジしてみては? もしかすると今までの方法よりも効率よく、いいお相手が見つかるかもしれません。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年12月19日~2015年1月5日にWebアンケート。有効回答数322件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません。

お役立ち情報[PR]