お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

そんなとこまで!? 男性が「彼女に手料理を作ってもらうとき、チェックしているポイント」3つ

お料理があまり得意でなくても大好きな彼には手料理を振る舞ってあげたくなるのが女心。おいしいと言ってもらえればそれだけでうれしいものですが、男性たちは味以外にもいろいろと彼女の料理をチェックしているようです。では、どんなところを見ているのか聞いてみましょう。

■手際のよさ

・「包丁を使うときの手元。それで自炊しているか否かがわかる」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「手際がよいかどうか。普段、料理をしているのかどうかがわかる」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「手際のよさ。よくやってない子は手際が悪いし皮むきなども遅い。バレバレ」(31歳/食品・飲料/技術職)

普段から自炊している人ならなんてことない料理でも自炊経験が少なければ、手際の悪さでバレバレです。包丁の使い方なども意外なくらい男性たちには見られているみたいですよ。

■味付けが好みかどうか

・「味付けの濃淡。肉じゃが等の使用するしょうゆの種類」(34歳/自動車関連/営業職)

・「味が好みかどうか。結婚を考えるならば大事なこと」(32歳/金融・証券/専門職)

・「味が濃すぎないか。あまりに濃いものは苦手」(32歳/医療・福祉/専門職)

おいしいと感じるのはやはり自分が慣れ親しんだ味ですよね。地方や家庭によって味付けの差が大きい和食を作るなら、彼好みの味付けを下調べしておくくらいの気遣いがあったほうがいいかもしれませんね。

■衛生面に気を使っているかどうか

・「お肉を切ったあとにきちんと包丁を洗ってから野菜を切っているか」(28歳/不動産/その他)

・「味以上に衛生面を気にしている」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「まな板をわけているか」(31歳/自動車関連/技術職)

味付けや盛り付けではなく作る過程で衛生面にもきちんと気配りができているかを確認するという男性も。まな板や包丁を食材ごとに洗ったり、使いわけたりというのができていれば合格のようですね。

どんなものでも彼女の手料理というだけでうれしいので、特にチェックすることはないという男性もいるようですが、結婚まで考える相手なら味付けが好みかどうかなど細かいチェックをしてしまうようです。結婚したい彼がいる女性たちは、彼のおふくろの味を調べて、少しずつ近づけるよう努力するといいかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年12月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]