お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

禁断の恋にハマってしまった! 女性が「好きになってはいけない人」に恋したエピソード4選

女性「好きになってはいけない」と思えば思うほど、自分の気持ちを抑えられなくなる……。あなたには、こんな経験はありませんか? スムーズに幸せを掴むことはできないかもしれませんが、そのドキドキ感やスリルが、女性たちを虜にするのかもしれませんね。女性たちの「好きになってはいけない男性」を好きになってしまったエピソードを伺いました。

■既婚者

・「合コンに来ていた既婚者にときめいてしまった。既婚とは知らなかったので」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「結婚しているバイト先の人が気になってしまい、シフトが一緒になるとすごく嬉しかった。でも相手から誘われたときに、やっぱりダメだと断った」(32歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)
・「社内の既婚先輩を好きになり、1年半後くらいに結局不倫に至った」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

「好きになってはいけない人」と言えば、やはり既婚者! 「知らずに」という意見が目立ちましたが、中には「知っていても、惹かれてしまった」という方も。不倫の泥沼にはまらないよう、注意しましょう。

■友達の……

・「友達の彼氏。結果的に付き合う事になりました」(26歳/その他/その他)
・「友達の彼氏を好きになってしまったが、仲のいい友達だったので誰にも言わずに墓場まで持って行くつもり」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

「既婚」ではなくても、特別なのが「友だちの彼」です。どちらを優先させるのかは、友だちとの関係次第かも……? 人の物が良く見える気持ちはわかりますが、やりすぎは禁物ですよ。

■手が届かないあの人

・「バンドマン。アマチュアだったので普通に話したりできたので好きになっちゃいました」(30歳/建設・土木/事務系専門職)
・「アイドルの人を好きになった。叶わないという意味で好きになってはいけなかったし、不毛だった」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

好きになってはいけない恋には、こんなパターンもあるようです。手が届かない人だからこそ、もし「本気」になってしまったら辛い! 身近な男性に、トキメキを感じられたら良いのですが。

■先生と教え子

・「高校の先生を好きになってしまった」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「教育実習のときに、教えていた学年の男の子。真っすぐで一生懸命な姿に、グッと来た」(26歳/学校・教育関連/その他)

教え子の立場で「イケナイ恋」を体験した方もいれば、なんと先生の立場で体験したという方も。まるでドラマのような展開ですが、年齢差を考えると、それほど不自然でもないのでしょう。「卒業を待つ」というのもドラマチックです!

恋に落ちるのは仕方がないことだとはいえ、その後どのように行動するのかで、未来は大きく変わってきそうです。「好きになってはいけない人」との恋は、ドラマチックな分、苦労も多いもの。妄想で楽しむくらいがちょうど良いのかも……?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]