お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ヤバイ、恋に落ちちゃうかも!? 男友だちが気になる男子に変わった瞬間3選「頭ポンポン」「手が触れる」

いつも通り、異性の友だちと過ごしているときに、ふとしたことで相手が恋愛対象になってしまうことがあります。では、一体どんなことで女性たちは男友だちにドキッとしてしまうのでしょうか?

■根強い人気! 頭ポンポン

・「励ますために頭ポンポンしてくれるとき。悩み相談してる時に、あんまり深く考えるなよ俺は味方なんだから、と頭をポンポンしてくれてキュンとした」(25歳/運輸・倉庫/営業職)
・「頭ポンポンしたとき。なんか可愛かったらしい」(29歳/情報・IT/事務系専門職)
・「頭をなでられた。慰めてくれたんだろうけど、突然の行動でびっくりした」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

比較的難易度が低いのに、効果がバツグンな頭ポンポン。弱っているときにされると、余計にキュンキュンしてしまいます。

■「かわいい」発言・褒め言葉

・「褒めてくれたりする時。飲んで話しているときに、『一緒に居て楽しい、綺麗、かわいい』などと沢山褒めてくれた」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「自分の知らなかったいいところを褒めてくれたとき。彼氏とのことで悩んでいたときに『大丈夫、○○はいい女なんだから』と言ってくれたこと。」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「かわいいとか言ってくれたら。ご飯食べて自分に自信ない話をしたら、『かわいいから』って言ってもらえたこと。ドキドキしました。」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

「かわいい」発言をする男性の心理は何なのでしょうか? 女子の希望としては、「好意がある」と思いたい!

■ふいにボディタッチ

・「飲んで少し酔っ払ってボディタッチ。腕の血管がわかり易いとかわかりにくいとかの話で、お互いの腕を触りまくってました・笑」(23歳/医療・福祉/専門職)
・「実際に手が触れたとき。人ごみの中で手を引かれたとき、少し気持ちが傾いた」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「満員電車で近いとき。終電になると満員でくっつかざるを得ないことがあるから。」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

肌が触れ合ってしまうと、どんなに仲のいい友だちとは言えドキっとしてしまいます。それが、自分を気づかっての場合ならなおさらです!

■落ち込んだときのなぐさめ

・「落ち込んでるときに慰めてくれたりした。失恋して落ち込んでたときになぐさめてくれて、なんでこの人のことを好きじゃないんだろうって思った」(27歳/不動産/販売職・サービス系)
・「へこんでいる時に真摯になぐさめてくれたとき。仕事で悩みがあった時にLINEでさらっとなぐさめられたので、まあそんなもんだよなと思っていたが、翌日に家に迎えに来てくれて飲みに連れて行ってくれたのがうれしかった」(25歳/不動産/事務系専門職)
・「本気で悩み事などを心配してくれるとき。風邪ひいたり、彼氏とのことで弱ってるときに『大丈夫か』って言われたときはどドキっとしました。弱ってるから余計に。」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

落ち込んでしまっているときは、いつも以上に他人の行動に敏感になっているので、ささいな気づかいだけでもうれしくなってしまいます。そんなときに、真剣に心配されてしまうと女子はイチコロです……。

■エスコート

・「人にぶつかりそうなときに、引き寄せて守ってくれたとき。彼氏みたいと思った」(26歳/電機/事務系専門職)
・「駅まで遅いからと送ってくれたとき。ひとりで帰るのは危ないと、送ってくれてうれしかったから」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「さりげなくレディーファーストを実行してくれたとき。食事のときにソファ席を譲ってくれた」(26歳/食品・飲料/営業職)

お互いに友だちと思っていながらも、さりげなく女性扱いされるのにも弱いですよね。男友だちの真摯な対応に男前度も3割アップです!

女性が男友だちにドキッとしてしてしまうのは、日常生活のいろいろな場面に散らばっていることがわかった今回のアンケート。特にねらい目なのは、女友だちが落ち込んでしまっているとき! 告白を狙っている男性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数240件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]