お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

私たち、別に付き合ってないよねぇ……? 思わず引いた男友だちのおせっかいエピソード4選

仲がよくなると、相手の面倒をアレコレみてしまう女性は多いですが、男性の中にも踏み込んでしまいがちな人も多いのだとか……。そこで女性たちに、今まで友だち以上恋人未満の男性からされて、思わず引いてしまった「ちょっとやりすぎなおせっかい」エピソードを教えてもらいました。

■家庭的すぎる

・「風邪をひいた際、自宅にスタミナ料理を差し入れてくれた」(23歳/専門サービス/事務系専門職)
・「引越しを手伝いに来た」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)
・「自分の誕生日に、ホールケーキを自宅まで持ってきてくれたことです。」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

思わず「女子か!?」と叫びたくなってしまったのが、これらのような家庭的すぎる男友だちのおせっかいエピソード。でも、きっと彼はいいお父さんになることは、まちがいないでしょう。

■心配しすぎ

・「今何してる? 誰といる? っと変にいろいろ気にかけられたこと。きっと、仕事で夜遅く帰宅するようになり心配してだと思う」(25歳/通信/営業職)
・「彼氏の心配をやたらしてくれる」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「何でも聞くよとよく電話」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

気にかけてくれるのはうれしいことだけど、こんな風に心配されてしまうと、反対に恐縮してしまいそうです。男友だちの元々の性格が心配性なら納得できますが、そうでない場合には、好意があることがバレバレです。

■これが、あのアッシー君?

・「帰りに会社の前を通ったからと言い、帰りに車で待っていてくれた」(28歳/電機/技術職)
・「飲み会のあとは、いつも自宅まで送ってくれた」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「遊びに行くのに送り迎えしてくれる」(29歳/飲食/販売職・サービス系)

○○年前に流行ったというアッシー君とは、こんな男性のことを指すのでしょうか? バブリーな時代を楽しんでいないので推測にすぎませんが、こんな便利な男性がいたら助かります。でも、ちょっと重いです……。

■束縛……

・「飲み会の予定などで、かなり嫉妬して束縛する」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「毎日ラインがくる」(25歳/運輸・倉庫/営業職)
・「本命彼氏を差し置いて、カップルイベントに誘うこと。」(28歳/機械・精密機器/技術職)

束縛したがったり、何かにつけて連絡をとりたがる男性もいますよね。それだけ仲がよくて気を許しているということなんでしょうが、重たいことには変わりません……。

仲のいい女友だちと彼女のボーダーラインが、ぼけぼけになってしまっている男性のエピソードはいかがでしたか? どれも、「うれしいけど重い」話ばかりでした……。いくら仲がいいとは言え、ある程度のテリトリーをお互い守って付き合っていきたいものですね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数240件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]