お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

なんだよ! 「脈あり」だと思いこんでしまったけど、実は勘違いだった女性からのLINE・4選

LINEは気軽に連絡をとりあえるツールとして、重宝されていますよね。しかしその手軽さゆえ、女性からの連絡が一体どこまで本気なのか迷ってしまうといった男性もいるようです。今回は社会人男性に、「脈あり」だと思いこんでしまったけど、実は勘違いだった女性からのLINEについて、どのようなものがあるのか教えていただきました。

■社交辞令だった

・「『また一緒に遊んでください』というのを脈ありだと思っていたが、実は社交辞令だった」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「『今度遊ぼうね』とLINEがきたが、いろんな人に送っていることがわかりショックだったことがある」(27歳/金融・証券/専門職)

・「『今度食事に行きましょうね』という内容だったのですが、単なる社交辞令だった」(35歳/機械・精密機器/営業職)

単なる社交辞令を、ついその気のある言葉に勘違いしてしまったという男性は多いよう。でも、本心の場合もあるので、見極めが肝心ですね。

■ハートのスタンプ

・「ハートマークを送ってきたが、そういう意味ではなかった」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「ハートつきのスタンプ。ただそのスタンプが好きなだけだった」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ハートの絵文字やスタンプが多い。それは好意ではなく、普通の会話だった」(33歳/機械・精密機器/技術職)

やたらとハートのスタンプを押しているから、ついその気になりそうになったら、何の意味もなかった……なんてことも。残念です。

■ひんぱんにLINEがくる

・「ひんぱんにLINEがきていて脈ありかもと思ったが、彼氏がいて勘違いだった」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ひんぱんにLINEがくるから脈ありだと思っていたが、単なる暇つぶしにされていた。とてもガッカリした」(32歳/機械・精密機器/技術職)

あまりにもLINEの頻度が高いと、もしかして……と勘違いをしてしまうものです。女性側も用がない場合は、控えるようにしたほうがいいかも。

■暇つぶしのお誘い

・「飲みに誘われたが、ただの愚痴を言いたいだけだった」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「誘ってくれたけど暇つぶしだった」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「ただのアニメ話がしたかっただけだった」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

ほかにもただの暇つぶしで、連絡相手になっていたなんてケースもあるようです。誘われてもその気がないなんてこともあるようです。

さまざまなLINEがあったようですが、勘違いしやすいのはハートのスタンプや、ひんぱんなやりとりといったところのようです。また、気になる女性からの誘い文句は、男性は社交辞令とわかっていてもうれしくなってしまったり、ヘタをすると勘違いしてしまうこともあるので、女性側も気をつけたいところですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年12月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]