お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

これだけは絶対ムリ! デート中、彼にやられて冷めた言動4選

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

彼とのデートは幸せなひとときです。しかし、長く一緒にいるとに嫌な面も見えてしまうもの。デート中、ふとした彼の言動により冷めてしまった経験を働く女子たちに聞いてみました。

■クチャラーだった

「彼と付き合って間もないころ、はじめて一緒に食事したらクチャクチャ音をたてて食べる『クチャラー』ということが判明。彼とは趣味も合ってタイプだったのですが、ドン引きして別れました。付き合う前に食事デートをして、食事マナーを確かめておくべきでした」(27歳/金融)

おいしい料理を食べているのに、目の前でクチャクチャ音を立てられては一気に食欲が失せそうです。食事マナーは守れる人であってほしいですね。

■タバコのポイ捨て

「デートで待ち合わせをしていたら、彼が早く来ていてタバコを吸っていました。しかし、私を見つけるとタバコを道にポイ捨て。路上喫煙もあまり印象はよくないのに、ポイ捨てなんて論外です」(24歳/医療)

最近では、路上喫煙禁止の条例がある都市も増えてきています。喫煙する際はまわりに配慮してもらいたいものです。

■手料理をはっきりマズいと言われた

「おうちデートで、彼と素麺をゆでて食べようということになりました。でも、少しゆで具合が悪かったのか素麺がのびてしまいました。それを食べた彼は『オエーッ! まっず!』と言って吐き出したんです。吐くほどまずいわけでもないのに、そこまでしなくても……。ひどく傷つき、そして冷めました」(27歳/出版)

手料理の感想をはっきり言ってほしいという女子もいますが、さすがに吐き出すまでのリアクションは誰だって傷つきますよね。

■友だちのことをバカにされた

「大学生のころは、しょっちゅう友だちとプリクラを撮っていました。デート中、彼に『こないだ○○ちゃんとプリクラ撮ったんだ』と言って見せたら、『うわ、この子すごくブスだね』と言ってきて、腹が立ちました。なんのために女性をブス呼ばわりする必要があるんだろうかと怒りで震えました」(26歳/教育)

自分のことをブスと言われるのはもちろん嫌ですが、普段仲よくしている友だちのことを悪く言われるのも嫌なものです。

マナーやルールを守らない人や、デリカシーに欠ける言動は恋心を冷めさせてしまうようです。しかし、それが悪いということに気づいていない男性もいます。そのような人は、恋愛だけでなく日常生活でも嫌われる可能性があるので、彼のためにも指摘してあげたほうがいいのかもしれません。あなたはデート中、彼の言動に冷めたことはありますか?

※画像は本文と関係ありません

(姫野ケイ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]