お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

おいしく手軽に栄養補給! シナモン・アップル風味で飲みやすい“青汁”が新登場

同世代女子が気になるトレンド情報から、新商品、人気スポットなどまで、ランチタイムの話題にしたい、気になるあれこれをピックアップ!

美容や健康にいいのはわかっているけれど、「苦い」「クセが強い」というイメージが強くて、ちょっと手を出しにくい「青汁」。不規則な食生活を送る筆者も一度チャレンジしたことがありますが、結局三日坊主になってしまった経験があります(笑)。

そんな中、マイナスイメージを払拭する女性向けの飲みやすい青汁「asitae(アシタエ)」が、ヤクルトヘルスフーズ株式会社から新発売されたそう。さっそく飲んでみました!

“おいしい緑のブレイクタイムで、輝く女性の明日を応援したい”という意味が込められたアシタエの原料は、ケール。“野菜の王様”と呼ばれることもあるケールは、目やお肌の健康、免疫機能の維持に関わるビタミンAに、体内で必要な分だけ変わるβ-カロテンが豊富に含まれています。

しかもアシタエで使われているケールは、自社工場のある大分県国東半島の契約農家が農薬・化学肥料を使わず、たくさんの愛情と手間をかけて栽培。保存料や着色料も無添加なので、まさに“安全・安心”な青汁なんです。

栄養面ではバッチリのケールですが、特有のクセがあるのも特徴。だけどアシタエは、青汁ビギナーでも飲みやすいようにと、りんご果汁粉末やシナモンなどをブレンド。ケールの豊かなコクは残しつつ、独特の風味を抑えたおいしさに♪

実際に飲んでみると、シナモン&アップルのほんのりまろやかな甘みが口の中に広がり、苦さやクセはいっさいナシ。1日当たりの目安が1袋で、75ml程度の水で混ぜるだけなので、ゴクゴクッとふたくちほどで飲めちゃうのも◎。これで、いちご約3.4個分(※1)のカロリー&1日に必要な緑黄色野菜の1/4(※2)が摂れるのはうれしいかも!

ちなみにこれからの季節、筆者のオススメの飲み方は、お湯で溶いた「ホット・アシタエ」。冷水で溶かすよりも、シナモンとアップルのスパイシーな香りがより強く感じられ、ほっとひと息つきたいときにぴったり。コクや甘みも増すので、心もお腹も幸せで満たされます。寒い朝の食事と一緒に飲むのもいいけれど、夜のティータイムにもよさそう。

また味だけでなく、パッケージも女性好み。女性社員の意見を元にしただけあって、「輝くクリスタル」をイメージしたパステル調のデザインは、思わず手に取ってしまうかわいさで、働く女性の美と健康をおしゃれにサポートしてくれることまちがいなし。さらに個包装で持ち運びしやすいので、オフィスに常備しておいて、午後のブレイクタイムや残業のおともに飲むのもオススメです。

おいしく手軽に栄養が補える「asitae(アシタエ)」。毎日の食事はもちろん、さまざまなシーンで試してみては?

●asitae(アシタエ)
価格:1,000円(税抜)
容量:69g(4.6g×15袋)

(六識/ヤマイナギ)

※1 日本食品標準成分表2010より算出
※2 緑黄色野菜の定義は、可食部100gあたりカロテン含量が600μg以上の野菜。βカロテン含量からアシタエは約30gの緑黄色野菜に相当。健康日本21では、1日120gの緑黄色野菜の摂取を推奨。

お役立ち情報[PR]