お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

これで落とす! 女性たちが「意中の男性を虜にするためのテク」4選

ぶりっ子なんてイマドキはやらないかもしれませんが、好きな人を意識して自分をよく見せるための行動を取ってしまうのは、自然な心理。では女性たちが「意中の男性を虜にするために意識的にやっている言動や仕草」にはどんなものがあるのでしょうか? 女性たちにとっておきのテクを聞いてみました。

■ツンデレ作戦

・「一緒にいるときは笑顔いっぱいで楽しむ! でも、自分からはデートに誘わない」(28歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「気まぐれに積極的になったり受け身になったりする。飽きないのでずっと追いかけてもらえると思う」(27歳/機械・精密機器/技術職)

積極的に攻めたり、突き放したり。程よく振り回すようなツンデレ作戦で、男性の気を引こうとする女性もいるようですね。「今日は話しかけてこないな」と男性をヤキモキさせることができれば、こっちのものです。

■相手の趣味や得意分野をリサーチ

・「相手の好きなものを把握して、いつでも話に加われるよう予習しておく」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ちょっとしたお願いごとをしたり、相手の得意分野の質問をたくさんしたりする」(24歳/電機/事務系専門職)

彼の趣味をリサーチしておいてさりげなく話を振ってみたりすると親近感を感じてもらえそう。自分の得意分野で女性に頼られるというのも男性にとってはうれしいことのようですよ。

■笑顔で接する

・「よく見つめる、よく笑う。こうすると明るいイメージで覚えてもらえやすい」(28歳/生保・損保/販売職・サービス系)

・「できるだけ笑顔で相手の話を楽しそうに聞くことにする」(24歳/医療・福祉/専門職)

いつも笑顔でいる女性は一緒にいても楽しいもの。「この人と一緒だと穏やかな気持ちになれる」と男性に思わせられるようにいつでも笑顔でいたいですね。

■気持ちを言葉にして伝える

・「おいしい料理を作る。『大好き』『ありがとう』をちゃんと伝える」(25歳/その他/営業職)

・「相手に些細なことでも『ありがとう』と感謝の気持ちを伝える。お礼を言われて嫌な人はいないので喜ばれます」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

言葉がなくても気持ちが伝わることもありますが「ありがとう」と口に出して言われて喜ばない人はいないはず。些細なことでもきちんとお礼を言える女性はきちんとした人という印象もありますよね。

男性を虜にするようなテクは持ってないという女性もいましたが、多くの女性が実践していることは意外と何気ないことばかり。好きな人の前では、楽しい、うれしいという気持ちを素直に表現するというのが一番なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年9月にWebアンケート。有効回答数167件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]