お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

それ、変! 男性目線で「女子力を出そうとしてかえってダサい女子」の特徴4選

外見など、もっと自分をかわいく見せるために努力することは「女子力」のひとつですよね。でも、男性からすると、その「女子力」が空まわりしてしまっていることもあるみたい。そこで、社会人男性に「女子力を出そうとして、かえってダサくなっている女子」について聞いてみました。

■まったく似合わない服を着ている

・「体型に似合わない服を着ている」(34歳/情報・IT/技術職)

・「ブランド物を身につけているけど、その子と何かがちがう。色とかが合っていない」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

自分に合った、オシャレな服を選んだつもりが、ほかの人からすると「似合っていない!」と思われてしまっていることも。

■かわいすぎるファッション

・「かわいすぎのファッション」(35歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「自分に似合っていない色の、パステル系のファッション」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「カチューシャをつけているが、変」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

かわいらしいファッションやアイテムが好きな女子は少なくないはず。でも、男性によってはイマイチに思われることもあるようです。

■流行の追いすぎはNG

・「流行ばかり追っかけている」(34歳/情報・IT/技術職)

・「流行を取り入れるのはいいけれど、バランスが悪くてダサかった」(38歳/その他)
トレンドをチェックするのは大事なことですが、それに振り回されすぎるのはダメですよね。自分に合った着こなしは忘れないでおきたいところ。

■メイクは女子の特権だけど……

・「厚化粧」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「チークなど、化粧が濃いめの人」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「ケバい」(28歳/情報・IT/技術職)

つい濃くなりがちなメイクですが、やりすぎは危険です!

いかがでしたか? 全体的にはオシャレをがんばろうとしすぎて、悪い方向にいってしまっているような傾向があるみたいです。女子力アップを意識するのは大事ですが、何でもほどほどが大事なのかもしれませんね。

※画像は本文と関係ありません。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年6月にWebアンケート。有効回答数58件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]