お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「こいつと結婚しても大丈夫?」男性は女性の金銭感覚をココで判断している! 5つのポイント

金銭感覚が合うかどうかというのは、付き合う二人にとって大事なことですよね。まして、結婚も見据えて……と考えるなら、しっかりチェックしたいところ。では、男性のみなさんは女性のどんな行動から、その金銭感覚をチェックしているのでしょうか? アンケートで聞いてみました!

■ファッションにどのくらいお金をかけているか

・「デートの際の買い物や食事。特にボーダーラインはないが、ブランドものを買い漁るような買い物はちょっと考えてしまう」(30歳/情報・IT/技術職)

・「持っているカバンや身につけているアクセサリー」(27歳/その他/その他)

・「買い物に一緒に行って、洋服に異常なくらいお金をかけるのはNG」(31歳/小売店/事務系専門職)

あまりにもファッションにお金をかけすぎている人は、男性から「お金のかかる人」という印象をもたれてしまう可能性が。とはいえ、いかにも安価な服を身に着けるのも、大人の女性には厳しいものですよね。上手にお買い物していきたいところです。

■買い物の仕方が気になる

・「衝動買いを頻繁にするかどうか」(36歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「コンビニで無駄な買い物をしない。お菓子を買ったり、雑誌を買ったりとか」(26歳/情報・IT/技術職)

・「日用品の買い物や持ち物を見る。節約感覚がありそうか否かがわかるので。消耗品にあまりに金銭を使うのはちょっと……」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

確かに、あまりに衝動買いが多い人は、お金が溜まらないはず。男性からどう見られるか、ということ以前に、無駄遣いは控えたいものですね。

■カードの使用頻度をチェック

・「なんでもカードで買う人は信用しない」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「クレジットカードを使っている回数。安いから、と不要なものを買ってこないか」(38歳/その他/技術職)

確かにクレジットカードは便利だし、ポイントも溜まるけれど……カード払いが当たり前になってしまうと、自分の収入に見合ったお金の使い方を超えてしまうことも。あまりに気安くクレジットカードを使う姿は、そんなイメージを思い起こさせるのかもしれません。

■お給料の使い方

・「給料日直後のお金遣い。ご褒美程度ならいいが、やりすぎは困る」(35歳/情報・IT/技術職)

・「ボーナスの使い方など。半分以上使ってしまうのは使いすぎだと思う」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「貯金がない、大した理由がない借金があったらNG」(38歳/情報・IT/技術職)

もちろん、もともと収入自体が多くない……という人も多いはず。ただ、そこに計画性や堅実さが見えないと金遣いが荒い印象になってしまいそう。

■食事にどのくらいかけているか

・「ランチやディナーの店選びで」(35歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「お昼ごはんに使うお金や着ているもの」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「毎回おごってもらうのが当たり前と思っているような女性はNGです」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

女性はちょっとお洒落なお店が好きだったり、たまにランチに奮発……なんてこと、ありますよね。女性にとっては普通のことでも、そんなイメージが先行すると、男性は警戒してしまうかも!?

金銭感覚が合わない同士が一緒にいると、どうしてもストレスが溜まってしまいますよね。相手のお金の使い方をしっかり見ることは、長いお付き合いをするうえで、かなり重要なポイントになりそうです。男性からNGと言われてしまうような、お金の使い方は控えたいものですね。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年7月にWebアンケート。有効回答数122件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]