お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

40種の泡盛が新宿に集合! 「都庁で泡盛フェス」

13の蔵元が参加し、泡盛40種類以上飲み比べできる

東京泡盛会は、9月9日に、東京都庁45階の南展望ラウンジ「東京カフェ202」にて、「都庁で泡盛フェス」を開催する。

「東京泡盛会」は、泡盛の普及を目指し集まった、沖縄県酒造組合公認の泡盛愛好者団体。

【沖縄の離島あるある「松阪牛の生まれは石垣島」】

フェスでは、13の蔵元がブースを出展。30年物のレアな古酒や、上質なレモン果汁をたっぷりと使った東京都目黒生まれの「ハイサワーレモン」を使った泡盛カクテル「島ハイサワー」など、40種類以上の泡盛を楽しめる。

また、東京生まれ東京育ちながら沖縄本島の民謡を歌うプロ歌手、伊藤淳さんも登場し、泡盛を使った料理や泡盛と合う料理と合わせ、東京にいながらにして「沖縄」を存分に楽しめる。

チケットは前売り6,000円、当日6,500円。どちらもお土産付き。
「レアものの泡盛を飲める」などの特典が付いたプレミアム券は、100枚限定で7,000円。

「島ハイサワー」は、深夜番組の「ハイサワー」の試し割り企画から誕生したカクテル。様々なお酒のハイサワー割りの中で、出演者に最も好評な組み合わせとして取り上げられた。

その後、東京で知名度のあった「ハイサワー」が沖縄県に出荷されるようになり、「ハイサワー」の販売元である博水社が「島ハイサワー」と名付けたという。

お役立ち情報[PR]