お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家雑学 不調

カンヌ広告祭グランプリ受賞! 妊娠週ごとの記録ができるビジュアルブック「Mother Book」が伝えたいこと

妊娠して出産するまでの40週を一冊の本で表現した「Mother Book」(制作は医療法人葵鐘会・電通中部支社)。広告界のアカデミー賞といわれるカンヌ広告祭でグランプリを受賞し、話題になっています。医療法人葵鐘会 理事・永友一成さんに、「Mother Book」を通して伝えたいことを聞きました。

■少子化の今だからこそ産科医療を充実させたい

「Mother Book」はA4強ほどのビジュアルブック。一見すると、写真集や作品集にも見えるスタイリッシュで重厚感あるデザインです。40週間に渡る妊娠期間に何が起きるのかを各週ごと、見開きページで紹介。胎児の成長はもちろん、妊娠による母体の変化も凹凸で表現します。

桐箱入りの豪華な装丁

桐箱入りの豪華な装丁

「少子高齢化が社会問題となっている今、胎児と妊婦をサポートする産科医療の充実が求められています。ところが、実際はどうしても高齢化医療に目が向きがちで、産科医療をとりまく状況は決して良いとはいえないのが実情です。『Mother Book』というアイデア性デザイン性に特徴あるツールに注目が集まることで、産科医療の大切さに多くの人が関心を持つきっかけになればと考えています」(永友さん)

「妊娠から出産までの40週」の一覧

「妊娠から出産までの40週」の一覧


「Mother Book」がカンヌ広告祭で受賞したのは、今年新設の「ヘルス&ウェルネス」分野を審査する“ライオンズヘルス賞”グランプリ。「生命誕生の祝福」というメッセージが高く評価されたとか。

「『Mother Book』制作のきっかけは、母と子の絆を深めてもらうためのツールを作りたい、という思いでした。まだお腹の膨らみを感じられない妊娠初期でも、赤ちゃんを実感してもらえるよう、『ママが浴びる光や聞く音に反応します。』(9週目)などのメッセージと一緒に胎児の成長段階を紹介しています」(永友さん)

9週目

9週目


■カンヌ受賞をきっかけに、教育機関からも問い合わせが

「Mother Book」は、医療法人葵鐘会(ベルネット)で分娩予約した方を対象に、9月1日より無料配布されます。多くの問い合わせを受けて、今後はネット販売も検討しているそう。(詳しくは「Mother Book」のホームページをチェックしてみてください。 http://mother-book.jp/

「海外の一般の方から『妻が妊娠中なのでぜひ欲しい』とご連絡いただくこともあれば、国内外の教育関係者から『教材として使いたい』という問い合わせもたくさんあります。カンヌでの受賞が『生命誕生の祝福』というメッセージをより多くの方に届けることにつながっているという手ごたえを感じています」(永友さん)

26週目には「ママが食べた味を赤ちゃんも味わえるようになります。」と書かれている

26週目には「ママが食べた味を赤ちゃんも味わえるようになります。」と書かれている


これから妊娠を考えている女性に、『Mother Book』を通じ妊娠期間のイメージを伝えたいという思いもあるそうです。

 

最後のページとなる40週目には「誕生にむけて出発の準備をしています。」とメッセージ

最後のページとなる40週目には「誕生にむけて出発の準備をしています。」とメッセージ

「妊娠検査薬の結果がわかる時期にあたる妊娠4週目のページには『神経細胞や脊柱が現れます。』と記されています。妊娠に気づいたとき、すでにおなかの中で赤ちゃんが大切な成長をとげていることを『Mother Book』は表しています。40週の妊娠期間中、母子におこるさまざま出来事を知り、イメージすることが、妊娠したときの心の支えとなればと考えています」(永友さん)

(齋藤純子+ガールズ健康ラボ)

お役立ち情報[PR]