お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 妊娠・出産

あなたは平気? 妊娠力を奪う「生理のキケン信号」とは!?

妊娠・出産というと、まだ遠い先の話かもしれませんが、産む産まないに関係なく「産むのに必要なカラダ」について知っておいて損はないはず! “そのとき”が来たら、はたして自分は産めるカラダなの? そもそも、妊娠・出産ってどういうもの? 自覚症状がないまま進むカラダの異常って!? 知らないことだらけの「いつかそのとき」のために、ぜひ女子のみなさんに見ていただければと思います。

生理の悩みは人それぞれ。でも、悩んでいるわりにはその原因が何だかあなたはわかっていますか? 気になるけど、その症状に問題があるのかないんだか……。将来の妊娠を意識したときに、いまからもっと気をつけておいたほうがいい生理のキケン信号とは何か? 生殖医療がご専門の片桐由起子医師(東邦大学医学部准教授)に聞きました。

◆ドロッとした血の塊が出るのは大丈夫?

<質問1>
「血の塊が出ることがある」(27歳、内勤一般事務)
「生理がはじまって2~3日はドロッとした血の塊がよく出るが、それは正常なのか」(28歳、一般事務)
「たまにドロッとした血の塊が出ることがある。ネットで調べると病気っぽいことが書かれているので自分が病気なのか心配」(23歳、一般事務)

出血量が多いのは「過多月経(かたげっけい)」といわれる状態。病気が原因である場合も、そうでないカラダの生理現象である場合もあります。病気が原因で起きているのだとすると、代表例としては「子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)」「子宮腺筋症(しきゅうせんきんしょう)」「子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)」が挙げられます。

自分の生理が多いみたいとあなたが受け取ったのなら、それは「病気が潜んでいませんか?」というカラダからのメッセージだと考えて、医療機関でチェックする機会を設けましょう。

―どれくらの量だと、多いとか少ないとかいえますか? その基準は?

生理の量は人によりますから、他人と比べて多いか少ないかをいうことはできません。ですので、以前の自分と比べて出血量が増えたかどうかで判断してください。増えていたら、それは「多い」ということ。

―病気じゃなくても、生理の量が増えたりドロッとした塊が出ることがある?

ありえます。たとえば腟の中で血液が溜まってそれが一気に出てくることも。そして目に触れるときには血が固まっていれば、塊になっています。腟が狭い場合でも、腟の外に出るのに時間がかかるので、同様に血が固まってしまうことがあります。いずれも、病気が原因ではありませんよね。

とはいえ、子宮や腟の中で固まってからドロドロになって出てきたのか、単にたくさん出血して腟から出たときに固まったのか、判断は難しいところ。毎周期、同じように多いのであれば病気の可能性がありますが、周期によって様子がちがう場合は、しばらく様子を見てから受診を検討するのでよいと思います。そのときに、基礎体温をつけてみるのも受診時、診断の助けになりますね。

―病気が原因でなければ過多月経は様子を見るのでも大丈夫?

病気が原因かどうか自己判断は禁物。ですが、婦人科に相談して病気でないことがわかったら、あとは貧血がなければ、「カラダへのダメージがない」ということで心配はいりません。

>年々、痛みが増している