お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

究極の選択!? 「マザコン男」と「浮気性男」、結婚するならどちらを選ぶ?

日常のふとしたことや、普段はなかなか聞けないちょっとディープな恋愛観など、イマドキ女子の「みんなはどうなの?」という疑問を2択アンケートで調査しちゃいます!

結婚相手として、できれば避けておきたいと思う男性のタイプってありますよね。中でも「マザコンの男性」と「浮気症の男性」はちょっと……という女子もいるのでは。でも、どちらか選ばなければならなくなったとき、世の女子はどうするのでしょうか。そこで、働く女子に「マザコンの男性」と「浮気症の男性」、どちらを選ぶのか聞いてみました。

Q.あなたは「マザコン」の男性と「浮気症」の男性、結婚するならどちらを選びますか?
マザコンの男性……78.9%
浮気性の男性……21.1%

<「マザコンの男性」派の意見>

■「母親思い」というふうにも考えられる

・「前向きにとらえれば、母親を大事にするやさしい人なので」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)
・「家族を大切にすることは、いいことだから」(28歳/学校・教育関連/専門職)
・「マザコン=母親を大切にできるとプラスで考えられるから」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「母親を大事に思っているように、自分のことも大事にしてくれると思うから」(27歳/学校・教育関連/専門職)

前向きに考えるなら「家族を大事にする、やさしい人」と解釈することも。家族を大切にする人かどうかは、結婚相手として重要です。

■赤の他人をチヤホヤする男性はイヤ

・「浮気性だと次から次へと女性問題に悩まされるが、マザコンは母親のみだから、まだマシだと思う」(33歳/金属・鉄鋼/事務系専門職)
・「浮気されるくらいなら母親ベッタリのほうがいい」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

次々と他人に手を出す浮気性の男性は困りますよね。身内でもある母親なら、我慢できる……と考える人も多いようです。

<「浮気症の男性」派の意見>

■母親にはかなわない

・「母親には勝てないけれど、浮気相手には勝てる」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)
・「結局好きなのが自分ならいい。お母さんにはかなわなそう」(29歳/生保・損保/営業職)

浮気相手なら自分も臨戦態勢になれるけれど、実の母親となるとかなわないのでは、という意見が寄せられました。浮気をしても、最終的に自分のもとに戻ってきてくれるならいいという人も。

■マザコンは自分の生活にもかかわりそう

・「浮気症は最悪放置しておけばいいけれど、マザコンは普段の生活に支障が出ると思う」(22歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「マザコンは、嫁姑関係で多大な悪影響を与えるから実害が大きい」(33歳/小売店/販売職・サービス系)
・「マザコンだと結婚生活がすべて相手の母親に支配されてしまいそう」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

母親とは、普段の生活でもある程度かかわらなければいけないのがつらいところ。日常生活では影響の少ない浮気のほうがマシと考えるのも、少しわかる気がします。

今回のアンケートでは、身内よりも他人に夢中になってしまう男性よりも、家族を大事にしてくれそうな男性のほうがいい、という傾向にありました。あなたなら、どちらを選びますか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年7月にWebアンケート。有効回答数218件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]