お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

【ズボラ女子の片づけ術】よく使うアイテムを見極めた収納で、時短&すっきりキッチンに

古堅純子

輪ゴムやクリップ、コップなど、いろいろな小物が散らかりがちなキッチン。掃除がしづらいだけでなく、朝食時にばたばたしてしまい、あっという間に家を出る時間になっている……という女子も多いのでは。そこで今回は、整理収納のプロ、幸せ住空間セラピストの古堅純子先生に、使いやすく整ったキッチンをかんたんに維持するコツを伝授していただきました!

■「朝食セット」で朝の時短

朝食は、パン食派ならマーガリンやジャム、スプーン、グラス、といったように、よく使うアイテムがだいたい決まっていますよね。そこで、冷蔵庫に「朝食セット」の箱をつくってみてはいかがでしょうか。プラスチックなどの箱にマーガリンやジャム類をいっしょに入れておけば、アイテムを一つひとつ取り出すのではなく、朝食セットの箱ごと取り出し、箱ごと戻せばいいので朝の時短になるんです。

■組み合わせて使うアイテムはひとまとめに

収納は、モノの種類別ではなく「よく使う組み合わせ」でまとめるのがポイントです。たとえばドリップコーヒーを淹れるときに使うマグカップ、ドリップパック、砂糖、粉末クリーム、スプーンを収納棚の同じ場所に入れておく。そうすると、使うモノがすばやくそろえられます。マグカップは食器棚に入れておくもの!という固定概念を捨て、「いかにラクに作業ができるか」を考えた収納をしましょう。

■食器棚の中の配置は?

食器棚の中は、使う頻度を考えた配置にしましょう。ポイントは「いつも使うものを取り出しやすい手前の位置に配置すること」。ときどき使うものや年に数回しか使わない食器は奥の方に入れておく工夫をするだけで、使いやすく、さらに効率もよくなり、時短にも繋がります。

いかがでしたか? 大切なのは、きっちりしまい込むことより、行動パターンに合わせた効率的な収納を心がけること。少しの工夫をするだけで、キッチンはもっと使いやすくなるのです。

(平林理奈/Playce)

お役立ち情報[PR]