お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

私たちのまわりの自意識過剰な女子「目が合っただけで自分を好きだと思い込む」「自撮りが得意」

オフィスや友人なかに「○○さん、私のこといつも見てて、好きみたい!」と、勝手な思いこみが激しい女子が1人はいますよね。まわりの忠告に耳など貸しそうにない、困った自意識過剰な女子たちの特徴をまとめてみました。

■それって勘違いじゃないの?

・「『私とかかわった人は絶対に私のことが好きになる』という人がいた」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「みんなにやさしい上司が、自分にだけやさしいと思っている同僚」(27歳/通信/販売職・サービス系)

・「自分に話しかけてくる人は、みんな自分のことが好きだと思っている女性がいる」(27歳/機械・精密機器/技術職)

ちょっとしたことで「自分だけに気がある」「自分だけが特別」と深く思い込む女子たち。その信念の強さに「勘違いじゃないの」という言葉を発する気も失せてしまいます。

■……妄想入ってる?

・「ただ食事を誘われてるだけなのに、『彼、私と結婚したいみたい』と吹聴する女子」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『職場に入ってきた新人君、私のこと好きかもしれない!』と浮かれているアラフォーの先輩。しかし新人君は高卒の18歳。兄弟ぐらい年齢が離れているのにそれはないだろうと思った」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)。

・「職場の知り合いの女子が、『○○さんと毎朝同じバスで出勤するけど、きっと私のことが気になるからわざと同じバスに乗るんだと思う!』と言っているのを耳にしたことがあります。○○さんは既婚者でしかも新婚なので『その考えは自意識過剰すぎだろ』と思いました」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「『目がよくあうし、私のこと好きなのかも』とずっと言っているが、まったく目があっていない」(30歳/その他/事務系専門職)

ここまで来ると勘違いを通り越して「妄想では?」と疑いたくなりますね。おそらく本人だけはとても幸せなのでしょう。

■自分大好き!

・「『私、黙ってれば理想的な女子って言われます(外見は完璧)』と後輩が自慢げに言っていた」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自撮りが得意な女子は、自意識過剰」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「自分の姿を鏡やショーウインドーでよく確認している」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「いつ、どのタイミングで誰と目があったとか、話しかけられたかを逐一報告してきて、『困るー』とまんざらでもない顔で言う」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

自分のことが大好きで、まわりも自分が大好きと思いこんでいる女子たち。「客観的な視点」を教えてあげたいですね。

なぜそんなに自意識過剰なのかが知りたいところですが、彼女たちにとっては自分自身がグローバルスタンダード。でも、もしかしたら自分に自信がないことの裏返しなの? 自信なさすぎでも魅力ないし、自意識過剰でも困りもの。自分のことを客観的に判断できるバランスのとれた女子でありたいですね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年5月にWebアンケート。有効回答数225件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]