お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

信じられない低価格!新鮮なネタが安くて旨い、話題の回転寿司「回し寿司 活」目黒店

これを目当てに来店する人も多い、名物の「マグロ赤身」

気軽にお寿司を食べるなら、やっぱり回転寿司が一番。都内に数ある回転寿司店の中でも今、話題沸騰中なのが、人気寿司店「梅丘寿司の美登利総本店」のグループ店「回し寿司 活」である。その1号店である目黒店では、広々とした店内で、常時約200種ものネタを楽しむことができる。

【鮮度が命の鳥肉を豪快に堪能できる店 東京都品川「鳥樹」―湯通しだけのレアなササミ「鳥の塩レモン」510円】

●とっておきのネタが、信じられない低価格!
メニューをのぞくと、まずネタの安さに驚かされる。定番の海鮮系にぎりや巻物は、ほとんど税抜き200円以内で楽しめるのではないだろうか。中でもこの店で一番の人気を誇るのが、「マグロ赤身」100円。大きく切りつけた赤身がシャリからはみ出すさまは、堂々の迫力。

サッパリしているので、何貫でも食べられる。この価格とは信じられないが、「赤字覚悟でご提供しています」(店長)とのこと。毎日築地から届く魚をお店でさばいているため、ネタはどれも新鮮。さばいたネタは、すべてその日のうちに完売する。

種類の豊富さも人気の理由。「マグロ赤身」などの定番ネタに加えて、「帆立バジルチーズ焼き」200円、「サーモンちゃんちゃん焼き」200円、海苔ではなくクレープで巻いた「アボカドシュリンプ巻」200円などなど、変わりネタも多くてテンションが上がる。

「大トロ」500円や「生うに軍艦」500円のような極上ネタもお手ごろ価格。つい食べすぎてしまいそうだ。

さらにお客を飽きさせないため、毎月変わるおすすめメニューを提供するなど、工夫を凝らしている。7/1から9/1は「宮崎フェア」。連続日本一になった宮崎牛の「黒毛和牛のにぎり」ほか、和食出身の総料理長のアイディアメニューが多数登場する予定だそう。

この安さ、美味しさなので、お昼時や夕食時はどうしても行列になってしまう。比較的すいているのは、平日15時から17時ごろ。できれば少し時間をずらして訪れたい。

【店舗データ】
店名:回し寿司 活 目黒店
※他に、西武池袋店、西武渋谷店、蒲田店、横浜スカイビル店あり
所在地:東京都品川区上大崎3丁目1-1 アトレ目黒2 1F
TEL:03-5437-1228
営業時間:11:00~22:30
定休日:なし
メニューはすべて税抜き価格

【その他メニュー】
・かに汁250円
・生ビール(中)450円

お役立ち情報[PR]