お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 モテ肌ボディ

もう女として見られない!? 男性が「彼女にドキドキしなくなった瞬間」4選

長く付き合っていると、2人でいることに慣れてしまってマンネリを感じるのは男女ともに避けられないこと。ただ、慣れだけでなく相手に対するドキドキがなくなってしまうのはちょっと問題かも。そこで今回は、男性に「彼女にドキドキしなくなった瞬間」のエピソードを教えてもらいました。

■恥じらいがなくなった

・「ゲップやあくびを平気ですること」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「おならなどの見たくない一面を見てしまったとき」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「お風呂上りにバスタオル1枚でビールを飲んでいる」(34歳/情報・IT/技術職)

生理現象だから仕方のないこともあるとはいえ、付き合いはじめのころには絶対に見せなかった姿を見てしまうと気持ちが冷めてしまいそう。いつまでも恥じらいを忘れないように気をつけましょうね。

■気遣いがなくなった

・「話をしても相手してくれなくなるときかな」(29歳/警備・メンテナンス/技術職)

・「どんどんわがままになっていくとき」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「他人の悪口を言う」(38歳/生保・損保/営業職)

話しかけているのに上の空だったり、ほかの人の悪口ばかり言っていたら彼氏は気分が悪いだろうな、という簡単な気遣いすら忘れてしまうと、愛想をつかされてしまいそうです。

■だらしない姿を見たとき

・「緊張感がなく過ごすとき。たとえば部屋着がジャージとか」(32歳/金融・証券/専門職)

・「一緒にいるときに、寝転がって体を掻いてるとき」(26歳/情報・IT/技術職)

・「付き合いが長くなり、すっぴんでいることが多くなったとき」(30歳/情報・IT/技術職)

部屋着がジャージだったり、すっぴんで外出することを快く思わない男性もいるので、普段の生活から身だしなみを整えるようにしておかないとダメですね。

■いつのまにか

・「時間が経てば、飽きてくるのでは?」(32歳/情報・IT/技術職)

・「新鮮さがなくなる」(32歳/農林・水産/販売職・サービス系)

・「一緒にいるのが普通になったとき」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

新鮮さがなくなるのはお互い様ですが、ドキドキしなくなったかわりに一緒にいることでホッとできる関係に変えていけるといいですね。

いかがでしたか? 付き合いはじめは一緒にいるだけでうれしかったのに、時間が経つにつれて相手に対する要求や慣れも多くなっていくのかも。最初のころの初々しい気持ちを忘れずに、女性らしい気遣いや恥じらいは持ち続けていたいものです。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年7月にWebアンケート。有効回答数104件。22歳~39歳の社会人男性)

みんなが読んでる人気記事 モテ肌ボディ