お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

興味のない職場の男性社員からデートに誘われてしまったら、どうやって断る?

バツサインを出す女性まったく興味のない男性からアプローチされたとき、難しいのが「断り方」ですよね。相手が同じ職場の人だったりすると、後々に響きそうですし……。そんなことになったら、一体どのようにかわせばいいのでしょうか? 働く女性の経験談を紹介します。

 

■フリーだけど彼氏いますアピール(ユッコさん/30歳/小売店)

「職場の男性から、しつこく食事に誘われて困った経験があります。同期入社なので一緒に仕事をすることが多く、同僚とみんなで飲みに行くこともひんぱんにありました。でも、そのたびに『今度は2人で』と誘われて……」

仕事の合間にも、「今夜、空いてる?」とたびたび聞かれたそう。最初は「それじゃあ、またみんな誘って」となんとかかわしていたそうですが、一向に誘うのをやめない同僚男性に困り果てたユッコさん。

「あまりにしつこく誘ってくるので、断り方を少し工夫しました。当時、私は恋人がいなかったのですが、デートの約束があるように装ったんです。『今日はこのあと、待ち合わせをしているので』『その日は映画を見に行く約束をしているんです』と。『誰と』とは言いませんでしたが、デートっぽい約束があるように言って断り続けました」

ひたすら、『先約がある』と断り続けたところ、少し状況に変化があったそう。

「その同僚は、別の女性社員に『ユッコちゃんって、彼氏いるの?』と聞いて回っていたそうです。幸い、プライベートに関してはあまり話さない職場だったので、女性社員たちは『さあ?』と答えるしかなかったでしょう。そうしているうちに、どうも彼の中では私は彼氏持ちということになったらしく、誘ってこなくなりました」

「彼氏と」とは言わなかったのですから、その部分についてはウソはついていませんよね。男の影をチラつかせるのは有効なテクといえそうです。

■じゃあ、みんなで!(マユさん/28歳/通信)

「しつこく2人で飲みに行こうと誘ってくる上司がいたので、キツくお灸をすえてやりました。休憩時間などに近づいてきて、『○○のおいしいお店見つけたから一緒に行こう』『ご馳走するから』などとひんぱんに誘われていたんです」

何度断っても、しつこく誘ってくる上司。そこで、マユさんは一計を案じます。

「いつものようにその上司が誘ってきたので、『いいですね~』と乗っかってみました。それで、具体的なスケジュールを決めたあと、最後に『じゃあ、××たちにも声をかけておきますね!』とひとこと。私以外にも、6人の女性社員に声をかけてやりました。『○○さん(上司)がおごってくれるって!』と言って」

その上司が連れて行ってくれると言ったレストランは高級店。部下の手前、「2人で、という意味で誘ったのに」とは言い出せなかったその上司は、7人の女性を連れて食事へ行くことに……。

「金額は相当なものだったと思いますよ。見栄っ張りの上司だったので、高いお酒なんかも飲ませてくれましたし。その一件以降、まったく誘ってこなくなりました。パワハラまがいのことをしているから、こんな目に遭うんですよ」

ちょっとその上司がかわいそうな気もしますが……自業自得でしょうか?

■キッパリ「お断りします」(ハルミさん/27歳/IT関連)

「私は、興味がない人から誘いを受けた場合、その場でハッキリと断ることにしています。それが一番、あとに響かないような気がするので……」

相手が同じ職場の人だと、どうしても気を使ってハッキリ断れない女性は多いはず。しかし、ハルミさんは少しちがった考え方のようです。

「以前、しつこく誘ってくる職場の先輩がいました。私も最初は『予定がある』とか『また今度』と言って、やんわり断っていたんです。でも、それでは何度でも誘われてしまう。あるとき、思い切って『2人で行って変な噂になったら困るので、お断りします』とキッパリ言いました」

『あなたとは、噂になりたくありません』とも聞こえますよね。このひとことがかなり効いたようです。

「もうそれからは、一切誘われなくなりました。別に仕事中の態度も以前と変わりませんでしたし、ハッキリ言って正解でした」

ストレートに「イヤだ」と言われると、意外と男性はアッサリあきらめてしまうものなのかも?

■まとめ

現在、職場の男性から言い寄られて困っている女性もいると思います。また、今後そのような体験をするかもしれません。そんなときは、ぜひ今回の先輩たちの対処法を思い出してみてくださいね。

(OFFICE-SANGA 森川ほしの)

お役立ち情報[PR]