お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

夏でも冬でもいつでも大人気!―ノルウェーのアイスクリーム「ソフトイース」ウマそう!

ノルウェー人は、とにかくアイスクリームが大好き!暑い夏はもちろん、寒い冬でもお構いなし。アイスクリームの人気は一年中衰えることはありません。

【女性はにぎり寿司を一口で食べますか?「はい61%:最後にアイスクリームで締める」】

ノルウェーでは、アイスクリームはイース(is)と呼ばれ、文字通り、老若男女に愛されています。ノルウェーのアイスクリームには、どんなタイプがあるのでしょうか。

■クローネイース(krone-is)

アイスクリームの定番、クローネイース。コーンタイプのアイスクリームで、コーンの内側にはチョコレートがかかっており、バニラアイスとチョコレート、そしてサクサクのコーンのコンビネーションはみんな大好き。チョコレートやストロベリーなどのフレーバーがあります。

ちなみに、クローネイースの「クローネ」は王冠のこと。クローネイースを初めて販売したメーカーのトレードマークが王冠だったことに由来します。現在では、クローネイースという名前はメーカーを問わず、コーンタイプのアイスクリームを指す代名詞となっています。

定番中の定番、ノルウェーのクローネイース

■サフトイース(saftis)

フルーツ味のアイスキャンディーはサフトイースと呼ばれます。サフトとはフルーツシロップのこと。さっぱりしたサフトイースは、暑い日にぴったりです。また、乳製品やナッツ類にアレルギーがある人でも食べられますし、お腹にたまらず食事に響きにくいので、子どもに食べさせるならサフトイース、という人もいます。

カラフルなサフトイースは、ノルウェーの子どもたちの夏のおやつの定番

■日本人には理解できないラクリスイース(lakrisis)

ラクリスはリコリスとも呼ばれ、甘草を原料とする真っ黒で独特の匂いを持つお菓子です。ノルウェー人は、大人も子どももこのラクリスが大好物ですが、食べ慣れていない日本人には、とてもおいしいと思える味ではありません。ノルウェー人のラクリス好きはアイスにまで!真っ黒なラクリスイースは、見るからに怪しい雰囲気……。

■おなじみのメロディでやってくるアイスクリーム販売車

夏になると決まって耳にするあるメロディ。これは、イースビーレン(isbilen)と呼ばれるアイスクリームの移動販売車の音楽です。アイスクリームと一緒に、冷凍の魚介類や魚製品も扱っているのがなんともノルウェーらしいこのイースビーレン。流れるメロディは、ノルウェーを代表する作曲家、グリーグのノルウェー舞曲第2番の一節です。

ノルウェーのアイスクリーム移動販売車は、グリーグのメロディに乗ってやってくる

■ソフトイース(softis)

ノルウェー人が最も愛してやまないのが、ソフトイース、ソフトクリームです。ノルウェーのソフトクリームは、日本のソフトクリームよりも、もったりとした口当たりが特徴です。日本のようにチョコレートやフルーツなどのフレーバーのついたソフトクリームは一般的でなく、ソフトクリームと言えばバニラ味です。

シンプルなノルウェーのソフトクリーム

ノルウェーのソフトクリームで特筆すべきは、ストロー(stroe)と呼ばれるトッピングを追加できること! ココアパウダーやストロベリー、キャラメルアーモンドなどの定番の他、ノルウェー人が愛してやまないラクリスのストローもあります。

向かって左はオレオ、右はノンストップと呼ばれるカラフルなチョコレートを砕いたものがトッピングされたノルウェーのソフトクリーム

ノルウェーでは、キオスクと呼ばれるコンビニでソフトクリームを買うことができます。特にお天気の良い日には、子どもからお年寄りまで、アイスクリームを手に笑顔でキオスクから出てくる人が絶えません。

ノルウェー最大のキオスクチェーンであるナルヴェセン(Narvesen)で、ソフトイース売上数第一位を3年連続で獲得している店舗が、北ノルウェーの町、アルタにあります。1年の半分は雪で地面が覆われているこの北の地で、どうしてそんなに多くのソフトクリームが売れているのでしょうか?

3年連続でソフトクリーム売上数第一位を誇る、ノルウェー・アルタのキオスク

その答えの一つが、ストローにあります。この店舗で取りそろえているストローは最大45種類! 時には、トルフィスク(toerrfisk)と呼ばれる干しダラをフレーク状にしたものなど、話題を呼ぶようなストローが並ぶこともあります。このバラエティの豊富さと物珍しさは、人々を「アルタに行ったらぜひ試さなくては!」という気持ちにさせます。

ノルウェーのソフトクリームにはトッピング! 種類が多くて目移りしてしまう

ノルウェーのアイスクリーム事情、いかがでしたか? ラクリスイースに挑戦してみるもよし、ソフトイースに好みのストローをかけてもらうもよし。ノルウェーに来たら、ぜひ、「イース」を食べてみてください!

(oeはoに斜線の一文字)

(文・御供理恵)

■著者プロフィール

御供理恵(みともりえ) 東京学芸大学大学院心理学講座修了。ノルウェー人の夫の転勤に伴い、オランダ、ルーマニア、韓国と引越しを重ねる。2010年からは北極圏の町、ノルウェー・アルタ在住。難民受け入れセンターでソーシャルワーカーとして働きながら、ライターとして雑誌・インターネット・テレビなどを通じ、日本に向けてノルウェーから情報発信している。

【webサイト】http://www.arcticrainbow.com/

【facebook】https://www.facebook.com/ArcticRainbow

お役立ち情報[PR]