お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 国内旅行

職場でもらえると「うれしい」「好印象」「センスがいい!」と思うお土産・4選

そろそろ旅行のベストシーズンがやってきますね。あなたは今年、休暇を取ってどこへ旅行に行きますか。その際、職場の人にお土産を用意する機会も多いかと思います。そこで今回は職場でもらうとうれしいお土産について、働く女性に聞いてみました。

ご当地グルメ

・「そこでしか買えないもの。たまにどこでも売っているものをもらっても、あんまりうれしくない」(22歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「その土地で一番有名なものがいいと思う。“北海道の白い恋人”や“沖縄の紅芋タルト”などは、何度食べてもおいしいのでうれしいです」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「“じゃがポックル”。現地でしか買えないから」(32歳/その他/事務系専門職)

ご当地グルメも、最近では通信販売でお取り寄せができるようになりました。ですが予約が多いと、数カ月待つこともありますし、現地で買ってきてもらえるなら、それが一番!より現地らしいものを選んでみると、喜ばれますよね。

隠れた銘菓

・「大分の“ざびえる”。はじめて知ったけど、おいしかったしセンスを感じた」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「まだあまり有名になっていない銘菓」(32歳/自動車関連/技術職)

・「ご当地の定番のお土産ではなく、見たことないお土産」(28歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

いくらお取り寄せが便利になったとはいえ、まだメディアなどで取り上げられていない有名なお土産はたくさんありそう。職場の人にプレゼンするような気持ちで、購入するといいかもしれませんね。

実用的なもの

・「昼食におかずになりそうなスープの素や、お湯だけで簡単に作れるリゾットの素など。チープに見えるが、実用的で助かるから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「海外のバスグッズや石けん。何個あっても負担にならないから」(24歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「おしゃれブランドのハンドクリーム」(32歳/不動産/事務系専門職)

お菓子をもらうとうれしいのですが、もらいもののお菓子が大量にあると、賞味期限や飽きがちょっと心配。その点、毎日使える実用的なものだと負担にはならないですよね。お世話になっている人に、高級なものをあげたいときによさそうですね。

食べやすく工夫されているもの

・「おかきでも甘い系のお菓子でも、ひと袋入りになっているものがうれしい。裸になっているものは、すぐに食べなきゃいけないので困る」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「あえて個包装されていないものを買ってきていて、みんなに配るときに紙ナプキンも一緒に配っている人がいて、とても好印象でした」(23歳/情報・IT/技術職)

・「有名なところの小分けにして割り切れるお菓子。きちんと配れると達成感があるから」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

職場の人にお土産を配る際、小分けにされていると配りやすいですよね。袋入りだと崩れやすいお菓子も食べやすく、手が汚れないような工夫をされていればなおいいですよね。お土産って気遣いやセンスが問われるものなのかも。

まとめ

働く女性が思う、職場でもらえるとうれしいお土産をまとめてみました。せっかく旅行へ行ったのですし、待っている職場の人には喜んでほしいですよね。お土産で荷物がいっぱいになるのも、また旅の楽しいところ。予算と相談しながら、自分なりにこだわってじっくり選びたいですよね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答数170件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]