お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 愛されボディ

これで実際よりマイナス3キロ!? 女子が実践する「着痩せ」テク

露出の多い季節、スリムに見せるための着やせテクがあれば知っておきたいところですよね。女性のみなさんはどんなファッションで着やせテクを実践しているのか、またそれによってどんな効果を得ているのか、アンケートを取ってみました!

■縦のラインを強調する

・「縦長の服、例えばワンピースやチュニックを着る。効果はおなかまわりが目立たないこと」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「スッキリして見えていいロングコートなど、縦長のラインのものを着る」(22歳/情報・IT/技術職)

・「ボーダーの服はデザインを吟味する。横に長く見えるタイプは着ない。首のつまった服は着ない。縦に長さが出るので、人からは太ってみられない」(33歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

スリムに見せるためには、まず縦のラインを強調するというのが基本のようです。横に広がって見えるよりも、スリムな印象を与える効果が得られやすくなります。

■上下のバランスで着やせ効果

・「スキニージーンズとチュニックで、足細に見せている」(30歳/金融・証券/金融系専門職)

・「胸の下に切り返しのあるワンピース。胸は大きく見えるし、ウエストはなんとなくごまかせる気がします」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ワンピでウエストはカバーして足だけ見せる」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

・「下はスッキリ、上はボリュームがある物を着る」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

全体をぴったりしすぎると、むちむち感が出てしまって「逆にスリムな印象が薄れてしまうかも?!」と心配な人は多いはず。そんなときはトップスをふんわりさせて、締めるところは締め、ボトムをスッキリさせると、スリムに見せることができるようです。

■細いところを見せる

・「足は細いので、スキニージーンズを履くなど、細いところを目立たせるようなファッションをする」(33歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「手首や足首を見せて、細く見えるようにしています」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「足首をみせる服をよくきる。すっきりみえるので」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「手首足首を見せるVネックでスッキリ」(29歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「首やくるぶしなど、細目の場所は見せる」(33歳/建設・土木/事務系専門職)

「細いところは思い切って見せる」という着やせテク。細いところが目につけば、たしかに全体的にもスリムな印象を与えることができそうですね。

■ヒールで足長効果

・「ヒールのある靴を履く。姿勢もよくなり、気分的にもいい」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「足が細く長く見えるようにヒールを履く」(23歳/医療・福祉/事務系専門職)

ヒールを履けば足がその分長くなり、縦のラインが強調されますね。ヒールの高い靴を履くときは、姿勢をよくしなければ美しく立ち振る舞うことができません。姿勢の良さもスリムな印象には大切なようです。

■太めのところを隠す

・「ふんわりしたシルエットのスカートだと、難点になっている太すぎる太ももが隠せて実際の体重より痩せて見られます」(26歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「スカートをはいて太もものラインを隠す」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

腰まわりや太もも、お尻など、女性ならではの太くなりやすい部分をふんわりしたスカートで隠すのも、着やせテクニックの一つ。ほかの方法と組み合わせると、ずいぶんスリムに見せることができるかもしれませんね。

みなさんさまざまな方法で、夏の着やせテクを実践しています。ポイントは、上半身や、腰まわりのお肉のついている部分にボリュームを持たせ、ボトムやその他のほっそりした部分をすっきりさせること。これによって、体形をスリムに見せることができるようです。着やせテクに自信のない方は、参考にしてみるといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数298件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]