お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ちょっと高価なプレゼントをおねだりする4つの方法「ほめて気分をよくさせてからおねだり」

プレゼントしょっちゅう高価なものをねだるなんてことはしたくないけれど、せめて年に1回くらいは、彼との思い出になるような素敵なプレゼントがほしいものです。そんなとき、女性はいろいろ作戦をたてるもの。どのようなおねだりが効果的なのか、働く女性に聞きました。

■1:さりげなく欲しいことを伝える

・「値段は知らないふりをして、○○がつけてるアレが欲しいなど具体的なものを言う」(27歳/学校・教育関連/専門職)
・「彼の前でよくその欲しいもののHPとかサイトをみる」(29歳/金融・証券/営業職)
・「カタログや雑誌に付箋を付けて『これかわいくない? 欲しいんだよね~』と言って、そのカタログを彼の部屋に放置する」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

直接はっきりとは言わないけれど、「欲しいものがある」ことをさりげなくアピール。本当は値段を知っていても、知らなかったふりをするのはなかなかの策士ですね。気付いてくれればいいけれど、一緒に「おお、確かにそれいいなあ」で済まされる場合も!?

■2:ストレートにねだっちゃう

・「ちょーだいって言っちゃう」(26歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「素直にほしいと言う」(29歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「買ってかってーと普通におねだりする」(28歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)
・「一生の宝物にする! って言います」(26歳/医療・福祉/事務系専門職)

あれこれ作戦をたてるのもいやらしい。それよりもストレートに伝えちゃおうという人も多数いました。男性も素直に甘えられたほうがかわいく感じるかもしれませんね。毎日身につけたいなんて言われたら、口では文句をいいつつも、本心は喜んでいたりして。

■3:外堀を埋めつつ刷りこみ作戦

・「半年くらい前からこれが欲しいといい続ける」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「彼に尽くす、優しくする、ほめて気分をよくさせてからおねだりします」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「実際に見に行ったり、写真を見せてどう思うか聞いたり、しばらく悩んでる様子で相談する」(28歳/学校・教育関連/専門職)
・「先に何か料理を作るなどしてご褒美としてねだる」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

まるで催眠学習のように相手に刷りこんでいく作戦ですね。ふとしたときに「そういえばあいつが欲しがってたな」なんて思いださせたらしめたもの。うまくいった時はいいのですが、時間をかけた分、失敗するとダメージも大きいので、次の作戦も考えておきましょう。

一方、サービスをたっぷりしてからのおねだりは、彼も断りにくくかなり有効な手段といえそうですね。

■4:タイミングを見て狙え!

・「ちょっと臨時収入が入ったようなときに、欲しいものがあるアピールをしておく」(30歳/商社・卸/事務系専門職)
・「新婚旅行のハワイでブランドのお財布を買ってもらったとき。『お財布は毎日使うから、いつも新婚気分を思い出せるように!』とお願いした」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「クリスマスや誕生日にやんわり雑誌を見ながらかわいいを連発」(26歳/医療・福祉/専門職)

やっぱりどんなことでも、タイミングは大切。記念日の少し前、相手の機嫌がいい時など、ベストタイミングを見逃さず、蜂のようにズバッとひと刺し! それには日ごろから彼の様子をさりげなくチェックし、言うタイミングを見つけることが肝心です。

愛はお金じゃ買えないけれど、気持ちの一部を形にしたのがプレゼントかもしれません。彼からもらったものを毎日身につけたり、眺めたりできたら最高に幸せ。かわいく賢くおねだりして、ふたりの思い出を手に入れちゃいましょう!

※『マイナビウーマン』調べ。2014年4月にWebアンケート。有効回答数258件。

(OFFICE-SANGA 平メイ子)

お役立ち情報[PR]