お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

別れを決定づけることになった私の欠点「トイレで大音量のおならばかり」「ついつい汚い言葉」

女性に怒る男性自分が気づかないうちに、思わぬところを彼に見られていることがあります。本人は無意識でやっていることが多いだけに、彼から欠点を指摘されたときのことを考えると怖いですね。いままで付き合っていた彼に、「おまえのこんなところが嫌だ。別れよう」と言われたことはありませんか? 今回は「別れを決定づけることになった私の欠点」について、働く女性に聞いてみました。

■デキる彼女はNG!?

・「仕事を始めて楽しくなってしまい、彼氏の相手をまったくしなくなってしまったこと」(27歳/機械・精密機器/営業職)

・「良かれと思って仕事のアドバイスをしたら、上から目線でむかつくと、捨てられた」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

仕事面で彼女が自分の上をいっていると感じさせてしまうと、男性はヘソを曲げてしまうこともあるようです。それでも気を落とさず、今度は仕事の話もしやすい彼を探しましょう。プライドの高い男性には気をつけて!

■性格の不一致

・「いつもあまのじゃくなことばかり言っていたら、『いい加減、素直になれば?』って言われてフラれました」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

・「簡単なことでキレてしまって、短気すぎるといって振られました」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「喧嘩してダンマリを決め込んだらメールで別れを告げられた」(33歳/医療・福祉/専門職)

欠点を指摘してくれて関係修復の努力をする彼ならいいのですが、「自分には合わない」と見切りをつける男性も。自分のいたらなさを反省しつつ、もっと包容力のある彼と出会いたいものです。

■女子力アップを!

・「もっと小奇麗にしてと爪を見て言われた」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「ダラしなさすぎて、彼が徐々に女として私を見なくなっていった。最終的に別れを告げられた」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「普段はていねいな言葉で話すけど、女友だちとの電話でついつい汚い言葉で話してしまいそれを彼に聞かれていたらしくドン引きされた」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

清潔感、女性らしさを求める男性は多いです。面倒でも、指摘されたらすぐに改善したほうがいいのかも。目指せ、女子力アップ!

■ちょっと神経質すぎでは?

・「トイレで大音量のおならばかりしていたら彼に見つかりご破算になった」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

・「彼に作ったケーキがまずすぎて音信不通になった」(23歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

そんなに悪いことをしたとは思えませんが……。彼に気に入ってもらえなかったという事実だけは、もうどうすることもできません。次の恋では、あまり細かいことを気にしない彼を探すほうがよさそうです。

■我慢の限界!

・「同棲していたとき、一緒にやっていたオンラインゲームに私がはまってしまい、家事をおろそかにしていたら別れを告げられてしまった」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「初めて付き合った彼氏だったので、怖くて体の関係をずっと拒んでいたら別れを告げられた」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

彼が困ってしまう態度を継続的にしていると、我慢できなくなって別れにつながるケースも。感情が爆発する前に話し合ったり、何か対策ができるといいですね。

自分の欠点を直すことは簡単なことではありません。それでも「これがきっかけで別れた」ということを自覚できたのなら大丈夫。それを直す努力もできるし、逆にそんな自分でも大丈夫というやさしい彼を探すのもアリだと思います。恋のステップと考え、次はいい相手に巡り合って幸せになれますように!

※『マイナビウーマン』調べ。2014年4月にWebアンケート。有効回答数258件。

(OFFICE-SANGA ゆめみん)

お役立ち情報[PR]