お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

これで男子から告白してくれる! いい雰囲気の男性に告白させるために女子がしていること4つ

男子といい感じになっていても、付き合ってるのかそうでないのかを彼がはっきりしてくれないと女子としてはモヤモヤが募ります。とはいっても告白は自分より相手にされたいもの。そこで「いい雰囲気かも」という男性に告白してもらうためにしていることや相手を誘導するノウハウを働く女子に聞いてみました。

■ズバリ!

・「付き合ってもいないのに付き合っているような行動を取ってきたら、『付き合ってないのにそういうことする?』とズバリ聞きます。そうすると、男性は精神的に追いつめられて告白します」(23歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

・「『○○君みたいな人が彼氏だったらよかったのに』とストレートに相手に好意を持っていることを伝える」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『別れたばかりなんだ。さびしいな』これで100%」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

「あなたが好き」といういわゆる告白ではないけれど、でもズバッと誘導しているところが恋の猛者?

■好き好きアピールをする

・「こっちも好きだというサインをさりげなく出すために、話をしているときは楽しそうにしたり、さりげなく腕などを触ったりのスキンシップをする」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「カップルではないと行きにくい場所に行きたいと、さりげなくアピールする」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『好き』というフレーズを使う。たとえば、相手の服装に対して『そういう服装好きだな~』とか」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

好きという気持ちをアピールする女子は多数いらっしゃいました。これで気づいてくれない鈍感男子だったら次の手段はどうする?

■つれないふりをする

・「あまり誘導はしないようにしている。でも曖昧な関係が長くなりそうだと別の男の人の話をしたりして、相手の気持ちを探る」(31歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「一度ぱったり連絡をやめる」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「自分からちょっと積極的に話しかけて、あるとき突然避けるという行為を繰り返す」(30歳/その他/事務系専門職)

まさに「押してだめなら引いてみろ」ですね。これで彼が追いかけてくれればOK!

■雰囲気づくり

・「『最近好きな子や気になってる子が居る?』と聞いてみる。そこで相手の反応を見て脈アリだったら『私も好きな人が出来たんだよね』と言って告白される雰囲気に持っていく」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「笑顔で楽しい雰囲気を出す。それでもだめなら、『今フリーだけど、こんな恋愛したい』など、恋愛話をして、『オッケーだよ』という話にもっていく」(25歳/電機/事務系専門職)

・「2人きりで出掛けるように仕向ける。またその際、なるべく雰囲気のいい場所でのデートを提案する」(27歳/機械・精密機器/技術職)

・「目をじーっと見つめて、軽くボディタッチ」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

まわりの雰囲気をじんわりと告白モードに。彼女がこんな風にしてくれたら、彼氏の方もうれしいかもしれません。

■まとめ

さすが働く女子たち。自分だけのノウハウを持っていますね。こんなことができるのは自分自身に自信がある証。きっといい恋愛が待っています!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数208件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]