お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性の意地悪は『好き』のサイン?恋愛対象にだけ出る男性の態度をチェック!

子供のころ、ある男の子に特別いじめられた経験はありませんか? それを大人に話すと、「○○ちゃんはあなたのことが好きだからよ」と言われたりします。これは「反動形成」といい、男性特有の心理状況のようです。女性にはなかなかわからないこの男性心理。

ここで勉強してみましょう。

好きな相手に意地悪をしてしまう「反動形成」ってなに?

子供のころならともかく、大人になっても好きな女性に対して意地悪をする男性がいます。心の中では、その女性が好きなのに、その気持ちをどう扱っていいかわからないときに、深層心理の部分で好きという気持ちを打ち消そうとする心の動きが生じます。

それが、冷たい態度だったり意地悪だったりという形になって表れてくるのです。

自分は傷つきたくない!だから相手を攻撃する男性の心理

自分は好きだけれど、相手は好きじゃないかもしれない。そうなると、自分自身がひどく傷つきます。このときに自分を守る手段として、男性は相手を攻撃することを選びます。女性は怖いものに出会ったときに逃げる体勢を取りますが、男性は逃げずに戦うことが、ある種遺伝的な行為です。

それが恋愛に対しても出てきてしまう。それが「反動形成」という心の動きの理由です。

嫌がられるほど意地悪したくなる厄介な男の心理

大人になってからこんな男性が身近にいたら、大変迷惑なことですよね。ただ、これは深層心理での心の動きなので、本人には全くその自覚がありません。嫌がれば嫌がるほど、ますますエスカレートしていくのが、この反動形成の怖いところ。

嫌がられても好きな人とかかわりを持てるという快感が、次々に行動を起こさせるのです。では、どのように対処したらいいのでしょうか?

意地悪は意識してほしいサイン!賢い対処方法は?

このような行為に対して、大人の女性としての最もいい対処方法は、とにかく無関心にやり過ごすことです。嫌だということもなく、ましてや優しく接する必要もなく、ただ反応せずにスルーしましょう。最初は相変わらずちょっかいを出し続けてきますが、そのうちかかわりが持てない相手だと気づけば、この行為は自然と収まってくるはずです。

好きな人に対して、どんな態度を取ったらいいかわからなくて、その裏返しとしていじめてしまう心理。少しはおわかりいただけたでしょうか? 大人になっても心の中が未成熟な男性はいるものです。トラブルを避け、良好な人間関係を保つ秘訣(ひけつ)は、女性の大人な対応にかかっているようです。

お役立ち情報[PR]