お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

【実録・痛い恋愛メール】初対面で「それより早くデートしたいな、家に行っていい?」

ビジネスにはスピードが命。もちろん仕事上はそうなのですが、それを恋愛に持ち込んでくる人がたまにいるとか。人の心ばっかりは、そうそうスピードよく効率よく、動かすことはできません。それを勘ちがいしてしまった男性から、痛いメールが一通、とある女性に届けられたようです。

恵美さん(仮名・27歳)が聡史(仮名・30歳)に出会ったのは、数週間前。友だちに聡史を紹介された恵美さん。聡史は恵美さんのことが一目見て気に入ったらしく、それから何度もメールを送ってくるようになりました。聡史がどういう人間なのか、よくわからなかった恵美さん。取りあえず様子見で、メールのやりとりは続けていましたが、ついに聡史の本性が現れる、こんなメールが……。

★ふたりのメール★

聡史「どうしよう」

恵美さん「どうしたんですか?」

聡史「君のことが、好きになっちゃったかもしれない。本気で」

恵美さん(返信しづらー……。まだお互いのこともよく知らないのに)

恵美さん「ありがとうございます。でも、まだお返事はできません。どんな人かわからないと、ちょっと」

聡史「じゃあ、近々ご飯でも食べに行こうか」

恵美さん(ほっ。よかった。普通の返事で)

恵美さん「そうですね。今週は忙しいので、来週はどうですか? まずは友だちとして」

聡史「一週間は、待てる自信ないな」

恵美さん(それくらい待てよ!)

恵美さん「じゃあしょうがないですね」

聡史「それより早くデートしたいな、家に行っていい?」

恵美さん「ムリです、ご飯も遠慮します。さようなら」

 

【恵美さんの感想】

知り合って日も浅いのに、好きだとか本気だとか言葉を並べたメールがきました。うさんくさいし面倒くさい。明らかに手っ取り早くうまいことやろうとしてるのがわかるし、チャラいなと思いました。「さようなら」と言って、その後の連絡はずっと無視しているうちに疎遠になりました。

ビジネスのように、手っ取り早く恋愛もこなしたい男性。もしかしたら意外と多いかもしれません。恋愛を結婚前提に考えやすい女性とは、恋愛の考え方にちがいはあるにせよ、それにしても気持ちがあと回しすぎかも!? せめて「本気で好き」と言うときは、本当に「本気で好き」なときに言ってほしいですよね。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]