お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

勘違いしてない? 男性がドン引きしてしまう女性の勝負下着「赤い下着。俺は牛じゃない」

下着姿の女性お泊りデートのときには、どんな下着を選べばいいのか悩むところ。セクシーなデザインがいいのか、それとも清純派っぽいものが好きなのか……。できるだけ彼の好みに合わせたいですよね。今回はセクシーかもしれないけれど、「気合い入りすぎ!」と男性がドン引きしてしまう女性の勝負下着を調べてみました。

■派手な色はNG!

・「黒。過激だから」(29歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「ピンク。派手っぽい」(27歳/建設・土木/技術職)
・「上下紫。やる気満々に思えて引いてしまう」(25歳/農林・水産/技術職)
・「黒の下着は、セクシーだと言われているが、そそられない」(29歳/建設・土木/技術職)
・「赤い下着。俺は牛じゃない」(31歳/情報・IT/技術職)

黒や赤、紫は「セクシー」の代名詞ともいえる色ですが、響かない男性もいるようです。いかにも「勝負下着」という感じがするので、ドン引きしてしまうのかも。

■自分の彼女にはちょっと……

・「紐パン。セクシーだけど、気合が入りすぎに見えてしまうから」(30歳/情報・IT/技術職)
・「ガーターベルト的な奴。派手で逆に引くから」(30歳/運輸・倉庫/技術職)
・「Tバック。世間で言われているほどセクシーだと思わないし、好きじゃないから」(31歳/小売店/事務系専門職)
・「透けてる下着。それ着けるくらいなら着けないでいい。脱いだらいきなりのほうがサプライズ感があっていいと思う」(26歳/情報・IT/技術職)
・「ヒョウ柄の下着。肉食系を連想させる」(34歳/自動車関連/技術職)

ゆるふわ系のファッションの下にセクシーすぎるデザインの下着が隠れていたら、彼はびっくりしてしまうでしょう。イメージに合わないものを無理して着るのは逆効果のようですね。「遊び人っぽい」という意見もありました。

■細かいところもチェックされています

・「色ちがいの下着。バランスの悪い感じがする」(27歳/医療・福祉)
・「派手なピンク色で、バブル期の衣装みたいなデザイン。一緒に寝るとちくちくして最低なんです」(28歳/運輸・倉庫/技術職)
・「小さすぎる下着。小さすぎると下着の意味がないから」(31歳/情報・IT/技術職)

急に彼と会えることになったとき、下着の心配をしてしまうことはありませんか? いつ誘われてもいいように、つねにちゃんとしたものを身につけたいものです。

グラビアではセクシーな下着姿の女性が人気を集めていますが、自分の彼女となると話は別。清楚な雰囲気の伝わる控えめな色・デザインのほうが、男心を刺激できるのかもしれませんね。

※『マイナビウーマン』にて2014年3月にWebアンケート。有効回答数 男性129件。

(OFFICE-SANGA 藤井蒼)

お役立ち情報[PR]