お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

【福井県限定】サバが落ちるか、鮮度が落ちるか……鯖街道を走れ!キティちゃん

全国津々浦々のお土産物売り場で、旅行者の目をくぎづけにして離さないお土産物。それがご当地キティちゃんです。そんな47都道府県のご当地キティの中から、今回は福井県限定の、鯖街道をイメージしたご当地キティをご紹介いたします。

その昔、若狭湾で採れたサバを徒歩で京都まで運んだ道がありました。

その道を、鯖街道と言います。

この鯖街道、普通に歩けば2日はかかる道のりなのですが、運ぶのはなんといっても鮮度が命の「サバ」。

そのため昔の人は、2日かかる道のりを1日で、寝る間も惜しみ、サバを運んだそうです。

キティちゃんももちろん、その歴史に習ってサバ売りさんの格好をしています。

背中に背負っているのは塩漬けのサバ。

そしてキティちゃんが夢中になって食べているのは、福井名物の焼き鯖寿司です。

鯖街道をひとっ走りする前の、腹ごしらえといったところでしょうか。

それよりも気になるのが、キティちゃんの背よりも大きすぎるサバ。

背丈が大きすぎて、キティちゃんのおんぶひもが、かなり低い位置についています。

キティちゃん、腹ごしらえはいいのですが、たぶん2~3歩行ったところで、サバが落っこちちゃいそうな気がするのですが……。

サバが落ちるか、鮮度が落ちるか……

鯖街道を走るサバ売りは、こんなリスクも背負って走ったのでしょう。

キティちゃんは、オトナなしゃれも上手です。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]