お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

アレでその気になっちゃう!? 男性が女友だちを“女”として意識した瞬間12選

普段は異性として意識したことなんてないのに、ふとした瞬間に女を感じることって、男性にはあるようです。社会人男性にアンケート調査したところ、意外と単純なことでその気になっちゃうことが判明。狙っている男性がいる女子は参考になるかも。男性が女友だちを異性として意識した瞬間について、紹介します。

■飲みの席で寄りかかられた

「飲んでいて、寄りかかられたりするとつい……」(32歳/自動車関連/技術職)

やはりボディタッチ効果は大きいのでしょうか。つい意識してしまうという声が目立ちました。

■つらいときにそばにいてくれた

「失恋したとき。親身になって近くにいてくれたので」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

つらいときに、自分のそばにいてくれるというのはポイント高いみたい。看病してくれたり、お見舞いにきてくれたり……というので意識するケースも聞きますよね。

■付き合うなら誰? という話題のときに名前が出た

「もしこの中で付き合うなら、という話を友人グループでしていたときに、名前を出されて、つい意識したことがある」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

相手から素直に好意ととれるものを見せられたら、さすがに意識するよう。以前からちょっとはいいなと思っていた子だったりするのが、条件なのかもしれませんが……。

■セクシーな格好をしていた

「お家に遊びに行ったときにセクシーな格好をしていたり、かなり油断しているのが感じられたときには女性を意識します」(37歳/金融・証券/営業職)
男性にとって、見た目で気持ちが盛り上がるというのは鉄板。気になる男性の場合には、ちょっと大胆な服装で迎えるのもあり!?

■ファッションのギャップで意識した

「普段はパンツ姿が多いのだが、たまにスカートをはいて来ると、女性なんだと思ってしまう」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

普段、パンツだからこそのギャップ効果ですね。女性らしさをベタに演出するには、やっぱりスカートがいいようです。

■残業のときに、自分のことを気にしてくれた

「職場でひとり遅くまで残業していたら、『手伝おうか?』と聞かれたとき」(26歳/建設・土木/技術職)

遅くまで残って疲れているときに、気遣いの言葉をかけられたら……、うれしさと相まって好意につながるみたい。

■彼氏と別れたと言ってきた

「彼氏と別れたということを言ってくるとき」(24歳/情報・IT/技術職)

「それって、俺と付き合いたいの?」と思うのでしょうか。女性が別れたさみしさを単純にアピールしている場合と、甘えたくて言っている場合と、2パターンあるような……。

■胸や太ももを見て意識した

「胸やミニスカートから見える太ももを見ると、意識してしまった経験があります」(37歳/商社・卸/事務系専門職)

女性らしいパーツに惹かれるという意見も目立ちました。ちらっと見えたりすると、色気を感じて意識するみたい。

■ボディラインの出る服装で意識した

「女性らしいぴちっとする服装で、体のラインがきれいに表れていて、ドキッとしたことがある」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

女性らしいパーツを強調したファッションは効果的。男性にはないボディライン、丸みにドキッとしてしまう様子。

■普段見ない一面を見た

「普段見ない一面を見たときに女として意識した。初めて一緒にカラオケに行って、歌っている姿を見て、すごくかわいいと思った」(30歳/情報・IT/技術職)

いつも見ているあの子のイメージとはちがう、かわいいギャップに弱いようです。上手なギャップの演出は恋に必須!

■2人で会うことが多くなった

「2人になる機会が増えたから」(23歳/金融・証券/営業職)

2人っきりが多いということは、好意を持った相手じゃないとありえないですよね。

■告白された

「告白されたから」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

ストレートに、好意を伝えられたら、やはり男性はうれしいみたい。「あれ、好きだったの?」とついその気になるようです。

■まとめ

男性が女友だちを“女”として意識した瞬間、いかがですか? “見た目の女らしさ”や“普段とはちがうギャップ”がカギになるみたい。そして“女性から好意を伝える”というのも効くようです。意中の男性がいるなら、思い切って告白してみるのもあり!? みなさんは、普段はなんとも思っていなかった異性を意識したこと、ありますか?

(マイナビウーマン編集部)

※『マイナビウーマン』調べ。2014年2月にWebアンケート。有効回答数158件(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]