お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

うれしい? 引く? 好き好きアピールで駆け引きする方法

織田隼人(心理コーディネーター)

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

彼のことを好きすぎてしょうがない、自分の気持ちを抑えきれないほど好き。しかし、好きだという気持ちが強すぎて彼が引き気味になってしまった経験はありませんか? いったい何がいけなかったのか、もしかして間違った愛情表現をしてしまったのかと悩んでいる女性もいるはずです。そこで今回は、女性たちの好き好きアピールの経験談と効果的な方法をご紹介します。

女性に聞いた。好き好きアピールで引かれた経験は?

人は恋に落ちてしまうとまわりが見えなくなってしまい、好きな人に自分の気持ちをアピールしたくなってしまうもの。しかし、あまりにも夢中になっている彼を追いかけてしまうと、逆にうまくいかなくなってしまうこともあります。まずは、実際の好き好きアピールにありがちな失敗談をご紹介していきます。

好き好きアピールの失敗談

いつの間にか「都合のいい女」になっていた

・「好き好きになるから、都合のいい女になって終わる」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「あまり尽くすと、相手が引く」(27歳/電機/技術職)

「恋に駆け引きなんて必要ない」とはよく言いますが、都合のいい女になりやすいなら、少しは駆け引きも必要かも? 恋愛で盛り上がってしまいやすいなら、こんなしくじりパターンに要注意です。

挙動不審すぎて、気持ち悪がられた

・「ぶりっこをしたら、ドン引きされて着信拒否されて最低だった」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「じろじろ見すぎて、気持ち悪がられた」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)

人を好きになると、少しでもかわいいと思われたいし、好きだってことを少しでも伝えたくなるもの。ただし、やりすぎると「不審者」扱いされ、気持ち悪がられることも。ぶりっこと熱い視線は、ほどほどがベストです。

好き好きメールと、迷惑メールは紙一重?

・「メールを送りすぎて、うざがられることが多い。いい加減学習した」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

・「毎日メールしていたら、うざがられて返信がなくなった」(28歳/生保・損保/専門職)

好き好きアピールに便利なのが、メール。しかし相手の都合お構いなしにガンガン送ってしまうと、迷惑メールとほぼ差がなくなったり……。迷惑フォルダに振り分けられないよう、メール頻度にも十分注意が必要ですね。

肉食系の好き好きアピールは引かれやすい

・「職場の飲み会などで隣に座ったり、どんどん話しかける。草食系の人にはダメだった」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「露出しすぎて引かれたことがある」(28歳/食品・飲料/営業職)

スキンシップや露出など、肉食系女子の好き好きアピールは、特に草食系男子からは敬遠されがち。本命の相手がどんなタイプなのかを見て、やるかどうかを検討したほうがいいかも。

まだまだある! うざがられやすいアピール

・「つい、顔に出してしまって、結局うざがられてだめになる」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「ずっと近くにいたらうざいと言われた」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「相手のことを知りたくなり、いろいろ聞いていたら、聞きすぎて引かれた……」(27歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

相手の立場に立って、どのくらいの好き好きアピールが心地いいのかは考える必要がありそうです。中にはこんなふうに顔に出したり、近くにいたり、質問しすぎたりするだけでうざがられることがあるとか。好き好きアピールは、やりすぎないことが大事なようです。

次ページ:好き好きアピールで駆け引きするには

SHARE