お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

アラサー独女の約82%が、不倫は“なし”だと思う! 「男性は結局、離婚はしないから」

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

社会的に決して許されない「不倫」。ただしアラサー世代となると、お相手が既婚者なのか未婚者なのかが区別しづらく、既婚者と知らずにうっかり関係を持ってしまうこともあります。そこでアラサー独女に、「不倫」についてどう思うか、その経験とともに聞いてみました。



Q.あなたは、不倫についてどう思いますか?

「“あり”だと思う」17.8%
「“なし”だと思う」82.2%

やはり、不倫について、“なし”という意見が圧倒的! では、それぞれの立場の具体的な理由を見ていきましょう。

■不倫の経験はないが、「なし」だと思う

・「逆の立場になったとして、パートナーの不倫がわかったら、相手の女性に殺意を抱くと思うから」(27歳/生保・損保/販売職・サービス系)
・「不倫している当人同士は楽しいのかもしれないが、その配偶者がどれだけ傷つくのかを全然考えていないのが、人としてどうかと思う。結婚しているのによそ見をしたり、相手がいる人を恋愛対象にするなど、だらしなさすぎ」(28歳/不動産/事務系専門職)

不倫を経験したことがない独女は、「絶対、なしでしょ」と考えている女性が多数派でした。若さゆえの勢いだけではなく、アラサー世代だからこそ、相手の立場に立って、他人の「心の痛み」もわかるもの。そんな独女にとって、どんなに恋がしたかったとしても、不倫は論外ですよね。

■不倫の経験はあるが、「なし」だと思った!

・「男性はなんだかんだ言って、自分の身を守るために離婚はしないから」(31歳/生保・損保/営業職)
・「一度だけ既婚者とわかっていながらしてしまったが、幸せなんてひとつも感じなくて、罪悪感ばかりだったし、相手の奥さんや子供に罪悪感ばかりだった」(31歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

実際に不倫関係を持ったことがある独女で、不倫を「なし」だと思う人は「不倫で傷ついた経験があるから」という理由が多かったです。たとえ、離婚すると相手の男性が言っていたとしても、結局しなかったり……、その先の未来が見えないことも、不倫を「なし」とする理由のようです。

■不倫の経験はないが、「あり」だと思う

・「不倫の被害者がいないなら許容してもいいです」(31歳/医療・福祉/専門職)
・「結婚することを求めないという大前提を双方が合意し、お互いの家族などに迷惑をかけなければよい」(29歳/自動車関連/事務系専門職)
・「すでに破たんしてる夫婦の場合は、よい」(27歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

一方で、不倫はしたことがないが、不倫に対してあまり抵抗がないという人も、少数ですがいました。ただし、まわりの人に迷惑をかけない! という前提での意見になりますが。

■不倫の経験があり、割り切れるなら「あり」だと思った!

・「バレないようにできて、お互いが割り切れるのならそれもいいと思う」(27歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「ちゃんと割り切れるなら別にありかと思うけど、最近は考えを改めて、もうしないと決めている」(29歳/電機/秘書・アシスタント職)

実際に経験してみて、「割り切れるなら、ありかな」と思う独女も少数意見でありました。ひとりで寂しく過ごすよりも気が紛れそう……とつい感じてしまうのが、不倫の甘いわな!?

■友だちが不倫する分には見逃すが、自分は絶対に嫌!

・「本人たちがいいのならば、口出ししないが、当事者にはなりたくない」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「結末はつらい事になるから、自分は絶対しないけど、中にはそういう関係が好きな女性もいるだろうし、そのような人を否定はしない」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

実際に不倫にのめりこんでしまっている友だちを見ていると「やめなよ」とは思いつつも、「それが幸せなら……」と大人の対応をせざるを得ないときも。自分は絶対やらないにせよ、人は人、という考えも見られました。

今回の調査では、自分自身にとっても、まわりの家族にとっても、「不倫はなし」という意見が目立ちました。たとえシングルで寂しいにせよ、たとえすてきな人に出会ってしまったにせよ、その先の未来が描けなかったり、裏で泣いている家族がいると思えば、手は出せないのが「不倫」。みなさんは、どう思いますか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年11月にWebアンケート。有効回答数163件(26歳~34歳の未婚の働く女性)。

お役立ち情報[PR]