お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 オトナのよくばり旅

海外旅行先で“ありえない”と思った日本人のおじさん・おばさん「声が大きい」「あくまで日本語」

屋台に並ぶ観光客観光で人気なところへ海外旅行に行くと、同じ日本人を見かける機会も多いもの。しかしその人たちが「ありえない」行動をとっていると、同じ日本人として残念に思ってしまうこともあるはず。そこで今回は働く男女にアンケートをとり、海外旅行先で見かけた「ありえない」日本人のおじさん・おばさんの様子を教えてもらいました!

■この手のタイプは世界共通?

・「声がものすごく大きい。迷惑していました」(29歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「集団でぎゃあぎゃあ店の中で騒いでいて同じ日本人として恥ずかしかった」(28歳女性/食品・飲料/クリエイティブ職)

・「とにかくうるさい。広がって歩いて通れない」(31歳女性/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

こういった行動は団体の観光客ならではといった感じですが、日本人だけでなくほかの国の人たちにもありえるかもしれませんね。気持ちが高ぶっていることも影響しているかもしれませんが、少し落ち着いた行動ができるように心がけたいものです。

■他の人の迷惑になることはやめましょう

・「博物館の入場まちで、大声で話してお菓子を食べていた。じろじろ見ている人が多かった」(32歳女性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「入ったらダメな場所に入っていき、写真を撮っていた。周りの人たちは、かなり冷たい視線を浴びせていた」(32歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「空港などで列に並ばない、騒ぐ」(27歳女性/食品・飲料/事務系専門職)

歴史的建造物などは立ち入り禁止な場所、飲食禁止な場所も多いはず。事前にパンフレットやガイドの説明でも確認できるはずですから、ルールはしっかりと守りたいですね。

■日本語しか使えないんです!

・「あいさつすら日本語を突き通す人」(24歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「日本語の通じない現地の人に向かって日本語でしつこく値切る」(31歳女性/金融・証券/営業職)

現地の人も思わずたじろいでしまうような態度で日本語を使われてしまうと、悪い印象を与えてしまいがち。よく使う言葉に関しては事前に調べておくのが無難ですね。

■日本人の精神を突き通します!

・「日本と同じようなサービスを求める。残念ながら希望はかなわず、文句ばかりだった」(33歳女性/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「ツアーでずらーっと行列で歩く姿。日本人しか見ない」(31歳女性/食品・飲料/事務系専門職)

日本人のサービスは世界でもトップレベルといわれていますから、同じ基準を求めるのはかなり難しいかも。海外旅行にいく場合は、その国の情報は事前に頭に入れておきたいものです。

今回の結果では現地の人だけでなく、同じ日本人も困ってしまうような行動が目立ちました。あなたも今後海外旅行に行く際には、これらの行動でまわりに迷惑をかけないように気をつけてくださいね。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ。(2013年12月にWebアンケート。有効回答数275件。22歳~34歳の社会人男女)

お役立ち情報[PR]