お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

アラサー独女が反省! 「恋に失敗して気づく、恋愛での私の短所」って?

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

アラサーともなると恋の失敗談のひとつやふたつあってもおかしくないもの。その失敗を反省して次の恋に生かせれば、成功する日だってそう遠くはないはず! そこで今回はアラサー独女に、恋がうまくいかなかったときに自覚した自分の反省点を教えてもらいました!



■衝動的に言いすぎたことに反省

・「正論かもしれないけど、きつく言いすぎた」(32歳/小売店/販売職・サービス系)
・「相手に対する不満をあいまいにして蓄積し、いっぺんに噴出してしまう傾向にある」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「うまくいかないとすぐに別れると言ってしまう」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「わがままを言いすぎること。彼氏なんだから、本音で話さないと……という思いがあり、そのうちそれがわがままとなり、自己主張しすぎて彼氏が疲れるといったことになる」(27歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

女性の精神面は体調などによっても大きく左右されますから、何でも言いすぎてしまう場合もありますよね。

■頑固なことに反省

・「自分の非を認めない頑固さがいけないなとよく思います。相手が謝るまで自分からは謝らないことがよくありました。自分から謝るのは負けを認めるようで嫌だったんです」(27歳/生保・損保/販売職・サービス系)
・「こだわりの強い性格で、それを相手にも求めてしまう」(30歳/学校・教育関連/技術職)

人はそれぞれちがった価値観を持っているもの。ちがいを受け入れてこそ、いい関係になれるものですよね。

■素直になれなかったことに反省

・「本当のことを聞くのが怖くて、いろんなことをグレーにしていた。ちゃんと話し合えばよかったと思う」(29歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)
・「素直になれないので、くだらないことで意地を張ってしまったこと」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

好きだからこそ、それがさらけ出せないことにつながったり、維持を張ってしまうことにつながったりもしますよね。客観手にそう考えられるようになるには、当時はまだ若すぎたのかもしれません。

■ネガティブ思考

・消極的すぎて、気持ちを伝えられなかったり、わざと興味のないそぶりをしてしまう(26歳/住宅設備/販売職・サービス系)
・「ネガティブ、消極的で、うじうじ考えてしまう」(31歳/情報・IT/技術)

なかなかポジティブになれない場合もあるのはわかるけど、ネガティブなのは恋がうまくいかない大きな原因になりかねません。

■偏りすぎた気持ちに反省

・「相手の気持ちが離れているかもと不安になったときに追いかけたくなってしまっていた。けどそれが逆効果なことが今ならわかる」(31歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)
・「すぐにやきもちをやきすぎだったと思う」(31歳/生保・損保/営業職)

恋愛は、どちらかが思いすぎてもなかなかうまくいかないもの。押したり、引いたり、バランスがくずれるとこじれる原因になりかねません。

■結婚を焦りすぎたことに反省

・「別れ話の際に、相手から「これが嫌だった」などは言われたことはなく、何も悪くないと言われてきたが、たぶん結婚願望の強さが相当表に出ていたのだと思う」(30歳/小売店/事務系専門職)

結婚願望を持つ年齢になってくると、どうしても行動にそれがあらわれてしまうことも。まずは相手と価値観を合わせて恋愛を順調に進めていくことが大事ですね。

今回の結果では今だからこそわかる、過去の自分の未熟さを挙げる方が多く見られました。もしあなたも同じような経験があるのなら、過ちを繰り返さないように気をつけてみて。あなたは、

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年11月にWebアンケート。有効回答数167件(26歳~34歳の未婚の働く女性)。

お役立ち情報[PR]