お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド雑学 芸能

高良健吾 Special Interview

楽しさが一緒よりも、寂しさが一緒のほうが大切だと思う

時は江戸時代。刀ではなく“包丁侍”として藩に仕え、料理で動乱を乗り越えた実在の家族を描く映画『武士の献立』。剣の腕は立つのに、料理はからっきし苦手な舟木安信を演じるのは、本作が初の時代劇本格出演となる高良健吾さん。料理修業のエピソードや、理想の夫婦像など、映画にまつわる高良さんの想いを語っていただきました。 >>>続きを読む


【プロフィール】

高良健吾さん

1987年生まれ。熊本県出身。2006年に『ハリヨの夏』で映画初出演。『M』(07)で第19回東京国際映画祭“日本映画・ある視点”部門特別賞受賞以降、数々の映画作品を中心に活躍。NHK朝の連続テレビ小説『おひさま』(11)で第36回エランドール賞新人賞・テレビガイド賞受賞、主演映画『軽蔑』(12)で第35回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞。『横道世之介』、『千年の愉楽』、『県庁おもてなし課』、『潔く柔く』、『ルームメイト』、『かぐや姫の物語』(13)などの出演作品ほか、今後は『私の男』(14)などが公開予定。

▼高良健吾 オフィシャルサイトはこちら
http://www.kengo-fc.com/

 

Text:Kumi Mizuno

お役立ち情報[PR]