お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男子が嫌いな、女子の言葉遣い「マジで」「ちげーよ」「誰でもできるし」

「これ、言っちゃマズかったかな…」と思いつつも、どの位嫌がられるのかがわからず、つい男子に対して使ってしまう言葉ってありますよね。そこで男子が嫌いな「言葉」や「フレーズ」などを集めてみました。

【男子が「この人コワイ」と思う女子の言動 ⇒】

■「マジで!?」「マジかよ」

つい、うっかり口に出してしまいやすい男言葉です。即嫌われるということはないかもしれませんが、女性らしさをアピールしたいなら「本当に!?」「本当!?」という言葉に言い換えたほうが無難かもしれません。

■「ちげーよ」

親しい相手ならまだしも、知人レベルの男友だちに言ってしまうと、威圧的に聞こえてしまう言葉です。また幼稚さも感じてしまう言葉なので、知人レベルの友人には、なるべく「違うよ」「そうじゃないよ」など言い換えるのがベスト。

■「早くしろよ」

イライラした時に、つい言ってしまうという人もいるかもしれません。上から目線でせっつくのは、男子のプライドを傷つけます。厳禁!

■「だから言ったじゃん」

「ほれ、みたことか」と言わんばかりのこのせりふは、「じゃあ最初に言っとけよ」とか、「わかってるんなら、お前がやれよ」なんて、男子から反撃をくらいやすい言葉です。ケンカになりやすいので、そう思っていても口にしないようにしましょう。

■「うざい」「マジ、きもい」

心の中に浮かんだことを、そのまま口にしてヒンシュクを買ってしまう言葉。攻撃的に聞こえてしまう言葉なので、やはりこれも心の中にとどめておくのがベター。

■「だるい」「くどい」

相手を否定する時に使う「だるい」「くどい」も、男子から嫌われやすい言葉。もちろん、ここまで言う時は「嫌われるのは承知」なのかもしれませんが、ついうっかり口にしているならやめたほうがいい言葉です。

■「超○○なんだけど」

決して悪口を言うつもりはなく、「超ウケるんだけど」とか、「超ムカつくんだけど」とか、思ったことを素直に口にする人がいます。ただし、これは上から目線で、人を小ばかにした発言として受け取られがちなので、要注意。

■「そんなの誰でもできるし」

男子のプライドを傷つけてしまう言葉です。たとえくだらないことに、男子が「ドヤ顔」をして自慢してきたとしても、あまり口にしないようにしましょう。思ったことを口にするのは、一時的には心がすっきりしますが、事後処理が大変です。

たとえ親しい間柄だったとしても、男子に上から目線の発言、男言葉を使った発言、ギャル語などは嫌われやすい3大NGワード。たとえ嫌われてもいい相手だったとしても、いらぬいざこざを生む言葉遣いは、なるべく避けるのがお勧めです。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]