お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

夏のデートの失敗談「一日中ブラひもが……」「汗でメイクが……」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

イベントやレジャーの多い夏は、とくにデートが盛り上がる季節。でも普段よりアクティブになるだけに、思わぬ落とし穴が待ち受けています。そこで、働く女子たちに「夏のデートならではの失敗エピソード」を聞いてみました。



■汗でメイクが……(30歳/広告)
「彼との久しぶりのデートではりきってメイクしたのに、待ち合わせ場所に着く前に汗でドロドロに。彼には『何か疲れてる?』と心配される始末……」

夏のメイクは困りもの。筆者の知り合いには、どうせメイクが落ちるのだから、最初からスッピンでいくというツワモノもいます……。

■一日中ブラひもが……(27歳/IT)
「お気に入りのキャミソールワンピを着て行ったら、その日に限って色気も何にもないベージュのブラをつけてきてしまった。一日中肩ひもがはみ出さないか気になって、デートに集中できなかった」

夏に着用するブラは、いっそのこと全部見せブラにしてしまう備えが必要かも。

■冷たいものを食べすぎて……(28歳/メーカー)
「彼と海に行ったとき、かき氷やらジュースやら、冷たいものを飲み食いしすぎてお腹をこわした。何度もトイレと海を行ったり来たりして、全然楽しめなかった」

暑いからといって、冷たいもののとりすぎにはご注意を。お腹だけでなく思い出までこわれるハメになりますから……。

■汗の匂いが気になって……(26歳/教育)

「昼間からいろいろ歩きまわっていたら、けっこう汗をかいてしまいました。制汗スプレーを持っていなかったので、匂いが気になってしまい、彼とちょっと距離をとりました。向こうも変に思ったらしく、どんどん険悪なムードに……。帰り際、『今日の態度がおかしい』と言って浮気を疑われました」

距離をとっていたらよそよそしく感じてしまうもの。誤解を与えないためにも、夏の汗対策は怠りたくありませんね。

■頭頂部が……(28歳/出版)
「彼と夏フェスに行ったときのこと。最初から飛ばしすぎて、つい帽子をかぶるのを忘れてしまった。失敗したかなーと思っていたら、案の定、次の日には頭頂部の皮がむけてボロボロに。それから数週間、頭にフケが積もったようで恥ずかしかった」

うっかりUVケアを怠ってしまいがちな頭。彼と夏フェスで弾けたい気持ちもわかりますが、熱中症予防のためにもぜひ帽子の着用を!

気持ちが解放的になり、イタイ目を見がちな夏のデート。笑い話ですめばいいけれど、くれぐれもケガや事故のないよう気をつけたいものです。あなたは夏のデートの失敗談、ありますか?

(立原麻里+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]